『笑い』という栄養。

今日の『おひさまサロン』でのひとコマ。

おひさまサロンは、豊富町のコミュニティカフェです。

今日が2回目にお会いするおばあちゃん。

隣の席に座り、いろいろハナシをさせていただいた。

数年前から体調壊して、それまでは、あちこちゲンキに飛び回っていたのに、なかなか出かけられなくなったのやそう。

でも、そう話しながらも、とてもにこやかで、朗らかで。

それをお伝えすると、『私、家で毎日ひとりで大声で笑っているから』、と。
 

『へえ〜そうなんですか!』と私が返すと、『だから大声が出るんやよ』と言って、その場で大声で笑ってくれた。

いやーホントだ。腹から出とる、なんて大きな声!
『おばあちゃん、そりゃあ朗らかなお顔のハズよ〜』、と私。

そうしたらおばあちゃんは言った。

『私はとにかく笑っていようと毎日大声出していたけれど、先生が今日それが健康にいいんだと教えてくれた、間違ってなかった』と。

とても嬉しそうに。

自分がこれだと思って続けてきたコト。

それに当たってるも間違ってるもないのだが、ひとつ、その毎日の積み重ねを『認められた』ように思う時って、ホントに大事やと思うのだ。

笑うって、ホントに腹のチカラがいる。
口先でケラケラと笑うのではなくて、腹から、『ワハハ!ガハハ!』と笑う。

これが、腹のチカラとなる。

沖ヨガではそれを『笑いの行法』と言って、日々のクラスの最後、毎回取り入れている先生も居たりする。

二人一組となり、お互いの肩に手を乗せて、目を合わせて大笑いする。
これ、ホントに難しいノダ。けっこう出来ない!
呼吸も続かず、息切れする。   

心底腹が座っているヒトって、喜怒哀楽を豊かに表現する。

そして、いつまでも引きずらない。

腹を割り、腹を決め、腹で生きる。

これの源はやはり、『笑い』なのだなあと思った今日。

おばあちゃん、素晴らしいじかんに感謝です。

私の倍も生きているおばあちゃんに、私が教えるコトなどたいしてないのですが、私の命を豊かに生かしてくれた『ヨガ』という素晴らしい学びを、これからも精一杯に、お伝えしてゆきます!

今日もやりました、『生涯現役のポーズ』!

ありがとうございます。

◎ヨガはじめてみませんか?


日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』『バランスボールインストラクター』として活動しています!

各地へ出張レッスンに行かせていただいております。ぜひご連絡くださいませ。

1日10分からはじめる健康づくり。 そのためのアイディアやコツを、分かりやすくお伝えいたします!

沖ヨガインストラクター
バランスボールインストラクター
 中島まなみ(まなみん。)
 090-1983-4321
 MAIL


contact

応援クリック♪
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です