ベビーじゃなくてもベビーマッサージ。

昨日。

豊富町を中心に活動している子育てママサークル『さろママ』さんの主催で、ベビーマッサージ教室があり、呼んでいただきました。

豊富町保健センター、そして子育て支援センターの協力もあり、助産師さん、保育士さんも同席してもらえる贅沢な講座となりました。

昨日の参加対象は、『歩く子』。

一般的に開催されているベビーマッサージ教室でも、歩く子と歩かない子を分けるコトが多いけれど、昨日参加してくれた子どもたちは、2歳〜3歳の子が多数。

クラスの前には大にぎわい、キャーキャーと走り回ってました^ ^

『始まるよ〜』と声をかけ、まずはママの『ギュ〜!』から。

抱っこして、グルグルして〜

助産師さんの講話は、『スキンシップの大切さ』。
ホント、ホントに大切やと思うのです、『触れる』コト。

愛知の頃のママベビクラスで、『子どもを触るようになってやっと、愛情が湧きました』というママの声を聴いたり、子どもの少しの変化に気付けたり。

寝る前のほんの短い時間でいいから、触れるじかんがあるっていいな、と思います。

そのためのアイディアとして、ベビーじゃなくても出来ますよ、と、ベビーマッサージをお伝えさせていただきました。

ママと子どもちゃん、目を合わせてニッコリ嬉しそう。

イヤがってさせてもらえなくても大丈夫。いつでもいいよって、両手を広げて待ってたら。

私がお伝えさせてもらっているのは、『わらべうたベビーマッサージ』。

子どもはママの声がダイスキだから、ママが自分に歌を歌ってくれる、それだけで喜んでくれる。

音痴でもいいのです(笑)

今月はたまたま、マッサージを取り入れた講座のご依頼が4本ありました。

そこで、講座で使うオイルをまとめてお願いしたのが、アロマセラピストの村上洋美ちゃん。

今回は、ラベンダーを使ってもらいました。

肌につけで安心な、『メディカルアロマ』です。

◎村上洋美ちゃんのHP→★★★

ラベンダーの優しい香りに包まれて。幸せなじかんでした。

愛知にいる私の娘は、8歳。未だに、『マッサージやって〜』と言って来ます。
大きなカラダを触らせてもらうのが、なんて嬉しいか。あと何年、触らせてくれるかなあ。。。

ベビーマッサージって、かけがえのないじかん。力強い絆を生んでくれると、実体験を通して思います。    

いつか娘から、『ママいなくても大丈夫だからね』、と言われても大丈夫。そりゃあさみしいけれど、こうしてつながりあっているじかんは、いつになっても消えない、残っているから。

ベビーマッサージ、親子ふれあいマッサージ、たくさんの親子さんに取り入れてみて欲しいな、と思っています。

最後の絵本タイムもいいんです。絵本が好き過ぎる私。

いつも絵本を読みに来てくれる、子育て支援センターのベテラン先生。子どもたちが、吸い込まれるように集中します。


年期が違うなあ、スゴイです。
私もいつか、こんな『絵本読みばあちゃん』になりたいなあ。

ありがとうございます。

◎ベビーマッサージ、親子ふれあいマッサージ教室、ご依頼お待ちしています^ ^お気軽にお問い合わせからご連絡くださいませ。

◎ヨガはじめてみませんか?


日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』『バランスボールインストラクター』として活動しています!

各地へ出張レッスンに行かせていただいております。ぜひご連絡くださいませ。

1日10分からはじめる健康づくり。 そのためのアイディアやコツを、分かりやすくお伝えいたします!

沖ヨガインストラクター
バランスボールインストラクター
 中島まなみ(まなみん。)
 090-1983-4321
 MAIL


contact

応援クリック♪
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です