アトピー性皮膚炎って、ホントに辛いんです。

先日。

日本最北端の温泉郷『豊富温泉』で開催の、『はじめてのヨガ』にて。
何度か豊富温泉に訪れたコトがある方が、久々にお越しになり、クラスに参加してくれました。


クラスの最後、くつろぎのポーズ。

彼女からは、『状態がかなり悪化してしまった』と、来る前から連絡をもらっていた。

実際にお会いすると、やはり、痛みでカラダはろくに動かない。
痛み痒みにただただ耐えるため、ココロもカラダもこわばり、カラダはまるで、ロボットのよう。
辛い、、、、

これは、たびたび言っているのだけれど、この辛さ、なってみないと分かりません!!

安易に『分かるよ』なんて、言わないで欲しい。。。

全身に炎症が広がると、空気に触れただけで痛いのだ。服を着るのも困難、がんばって着たら、また脱ぐのも困難で。
もう、これは罰ゲームどころじゃない。

全身が傷だらけとなり、流血したり、浸出液が出たり。頭皮にも出たら、髪の毛が固まってしまって、ガビガビになる。

それはもう、見るも無残なコト。

こんな状態、やはり体験してみないと、どれだけ辛いか、どれだけ痛いか分からないと思うのです。

私も、初めて豊富温泉を訪れた8年前の夏は、そんな状態でした。あの時は、今思えば必死やったなあ、と思い返して思うコト。

生まれて一歳になる娘と遠く離れて、3週間近く湯治療養に。

初めて訪れた豊富町は素晴らしかったけれど、やっぱり、ひとりで遠く日本最果ての地にまでやって来て、さみしかったなあ。

娘のコトを思わない時間は、なかった。

豊富温泉を訪れる多くの方が、苦しんで、苦しんで、耐えがたきを耐えた末に、訪れています。

ヨガクラスに来てくださる方も、まずは1週間前後湯治をして、皮膚の状態が落ち着いたら参加してくださる、という方が多い。

豊富温泉は、劇的に傷の回復が早い!これはもう、魔法のようでもあり。


油を含んだ不思議なお湯、素晴らしい泉質なのです。

男湯には、なんと『オイルフェンス』があります。

温泉とは思えないほどに、成分が濃い日もあります。

温泉って『生きもの』なんだ。

これは、ここ豊富温泉で過ごすようになり、頻繁に豊富温泉に入るようになって、思うコト。

毎日違うんです、温度も、雰囲気も。

これは、パンチのある温泉だからこその気付きかもしれません。

ヨガクラスにハナシは戻って。

全身傷だらけなのに、少しでも動いたほうが良いと、クラスに参加してくれた彼女。

痛みとつっぱりで関節が曲がらない、伸ばせない。
それでも、スローモーションのように、出来る限りに動く。

そんな彼女の姿を観ていたら、息が詰まった。胸が痛くなる。

そう、私もそうやった。

『喉元過ぎれば』というけれど、あんなに辛かったのに、忘れてしまうモノなのだ。

ここ豊富温泉にて働かせていただくようになり、今年で3年。

たくさんの方が、この温泉地に救いを求めて訪れる。
その中には、リピーターとして、よくいらっしゃる方、悪化する前にメンテナンスにいらっしゃる方もいらっしゃる。
初めてで、不安いっぱいでいらっしゃる方も。

ここに来ると、同じ苦しみを分かち合える仲間にも出会えるから、抱え込んでいた重い荷物が、いくらかは軽くなるかもしれない。

『良き理解者』という存在は、高い壁を乗り越えるに、とても大切やと思う。

全身傷だらけでも、クラスに出てくれた彼女。

一生懸命に動く姿を観て、ここ豊富温泉にてヨガクラスをさせていただき、同じ痛み苦しみを持つ者として、いくらかでも荷物を一緒に背負えたらよいなと思ったが、やはり、『ここに来て良かった』と、改めて思った。

どれだけ痛いか、辛いか分かるからこそ、『頑張って動いてみて』、『汗かいて老廃物を出そう!』と言える。

痛み苦しみを分かった上で、あえて、お伝えしたいと思う。

アトピー性皮膚炎と、どう向き合うか。

いろんな選択肢があって、どれを選ぶかは、本人次第。
それには、良いも悪いもなくて、自分に合えばそれでよいんやろう。

しかし、数ある治療法や対策を試しても、『なかなか上手くいかない』と言う方が、たくさんいらっしゃる。

そんな方へ、選択肢のひとつとして、また、ひとまずリセットボタンを押せるように、『豊富温泉に来てみたらどうか?』とお伝えしたい。

豊富温泉は私にとって、『雨宿り』な場所。

軒下に入って雨をしのげば、ずぶ濡れになって疲れ果てたココロとカラダを、いくらかは休ませるコトが出来る。

が、根本的な解決には至らない。

たとえ豊富町に移住したとしても、急に温泉が肌に合わなくなったからと、故郷に帰った方もいらっしゃった。

選択肢は多いほうがいいけれど、『数打ちゃ当たる』では、お金と労力ばかりがかかったりするコトにもなり兼ねない。

私は、『転ばぬ先の杖』として、ヨガをお伝えしています。

毎日の暮らしの中で出来るコトとして、適度な運動を取り入れるコト。

でもこれは、ヨガでもウォーキングでも筋トレでも、なんでもいい。

これくらいなら出来る、続けられるって思えるコトを、毎日歯を磨くように、やり続けてみるコト。

そして、いろんな選択肢の中から『ヨガ』を選んでいただいたのなら、精一杯にお伝えしたい。

呼吸を重んじ、心身調整の場として、より質の高い休息を目指す。
『はじめてのヨガ』では、ここを目指します。

ヨガを生きる。ヨガとは、生き方そのものだと思う。

より自分らしく生きる、そのためにはまず、『自己とじっくり向き合うじかんを持つ』コト。

雨に濡れて、ヘトヘトになってここへいらっしゃる皆さんに、そっと傘を差し出すようなじかんとなりますように。

私もそうやって、助けてもらったから。

辛くて向き合うのイヤかも知れないけれど、やっぱり、向き合ってみて欲しい。
世界でたったひとりの、かけがえのないアナタやから。

いつも結局、お互いさまです。たまたまその時にどうなのか、なだけで。

おかげさま。
持ちつ持たれつで、やってゆけたらいい。

そう。

アトピー性皮膚炎と言えば、オススメのブログがあります。

◎くわっちのブログ→★★★

くわっちコト桑野やすしくんは、今年のアトピーフォーラムin豊富に、遥々京都から来てくれました。

彼は『アトピー改善アドバイザー』として活動し、『分子栄養学』を主に伝えている方です。

全国各地でセミナーもやってます。

ピンと来た方は、ぜひお出かけくださいね。

くわっちのブログタイトルは、『アトピーを味わい尽くすと人生が変わる』

これ、すごくよく分かる。

越えれもしないと思うほどの高い壁にぶち当たり、試行錯誤し、自問自答し、深みにハマり、イヤになり、時には『ないコト』にしてみたりして。

そんな中、一筋のヒカリを見つけて、やっとこさ、出口に辿り着く。

『やったー、乗り越えた〜!』としても、ちゃんとまた、次の壁が来るんですが、、、

根本的な原因は、その時たまたま起こっている状態ではない。

自分の在り方そのもの、存在自体に意識を向けるコト。

が、重過ぎる荷物を抱えたまんまじゃ、そもそも何も出来ないから、ひとまず、雨宿りをしてみるのはどうか。

私にとって豊富温泉は、そんな場所です。

今この時、抱え切れないほどの荷物を背負い、痛くて痒くて苦しいとなってらっしゃる方が、もしこの記事を読んでくれていたなら、ぜひ勇気を出して、選択肢のひとつとして、豊富温泉に足を運んでくださいね。

朝の来ない夜はない。

必ずチャンスはあります。

楽しい方へ、明るい方へと。

ありがとうございます。

◎ヨガはじめてみませんか?


日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』『バランスボールインストラクター』として活動しています!

各地へ出張レッスンに行かせていただいております。ぜひご連絡くださいませ。

1日10分からはじめる健康づくり。 そのためのアイディアやコツを、分かりやすくお伝えいたします!

沖ヨガインストラクター
バランスボールインストラクター
 中島まなみ(まなみん。)
 090-1983-4321
 MAIL


contact

応援クリック♪
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です