親って切ないなあと、しみじみ思うのです。。。

日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』として活動しているまなみんです(╹◡╹)

 

今さっき、故郷である愛知県から帰ってきました。

ただいま、『新札幌駅』。11時発の夜行バスにて、さらに北へ帰ります。

 

今回は、急遽愛知に帰るコトにしました。

◎ずっと行きたかったお墓まいりへ!→★★★

 

30日に飛行機を予約をし、31日にチケットとれた!行きも帰りもホントに穏やかな天候で、なんてありがたい(T ^ T)

雪のない愛知県は、ホントに楽!でした(笑)

観光の雪は美しいけれど、生活の雪はまあまあ大変ですよ〜(^_^;)

 

空港からJRで移動中、そのまま夜行バス乗り場へ行こうかと思ったけれど、夜ゴハン食べてからとふと思い、なぜかワインを頼んでしまい(笑)

 

ひとりゴハンにお酒。滅多にない。

基本はお酒なくても良い私、わざわざ頼むコトなどほぼなく。

 

年末、29日だったかな。娘の顔にアトピーが出てるけど。と、一通のメールが届きました。

その写真を見てビックリ〜

目の周り、口の周りに見事なまでにアトピーと思われる湿疹が出ており。

命をとられる訳ではないにせよ、9歳になる娘にとっては相当こたえたようであり。

今年の年末年始は帰らない予定だったけれど、こんな時こそと、帰るコトにしたのです。

 

ママはアナタが辛い時には絶対になんとかする!といつも言ってます。それは、(可能な限りで)というのは大人の理由。彼女にとっては、今は今なんだろうと思うし。

 

結果的には、ホントに良かったです。

31日の夜に帰り、1日と2日といて、3日である今日の夕方の便で北海道に戻ってきました。

 

帰った日の夜、娘はとにかく不安の塊。

 

私はこれからどうなるの?

私も北海道で暮らすしかないの?

ママみたいになっちゃうの?

私、耐えられない!

 

などと。それはもう、ワンワン泣くわけです。

良かったですよ。

嗚咽するほど泣けて。

改めて、『お母さん』の価値を感じたんです。なんて、世のお父さんたちに叱られそうですが(^_^;)

勇気を持って言えば、『やっぱりお母さんなんだなあ』と思ったんです。

それは、『役割』なんだと。

娘は、相当なパパっ子だし、私がたまに帰っても、結局パパとばっかり戯れている。

私は、それをぼんやり眺めており(笑)

『ママ今日しか居ないよ』と言っても、結局友達の家に遊びに行っちゃうし(笑)

良いんですよ、それで。

きっと彼女にとっては、『家に帰ればママが居る』のが安心なんだから。それが何よりで^ ^

 

 

一緒に過ごすじかんだけが全てではなく、いかに信頼関係を築けるか。

だって、ヒトとヒトだし。

『親だから信じなさい』なんて言われても、困るだろうし。『子どもだから信頼して』って言われても、何をどう信頼したら良いか分からない。

だから、日頃からよく『観察しておく』コト。

これなら大丈夫、とか、ここは少し見てたほうが良いかな、とか。

 

たとえば、木登りしてる子どもが居たとして、ただ信頼してと言われても無理!

子どもによります!

私なら、しばらく見ていて、大丈夫ならぼんやり見ているし、ヤバそうなら、いつ落ちてきても良いようにスタンバイし、それ以上高いと私が無理!となれば、『それ以上行かないで』と言う。

日頃の練習もなく、高い木にはホイホイ登れませんからっ!

 

先日、あるヒトに言われてすごい納得したのですが、

『まだ未成熟な子どもの薄っぺらい価値観の、何を信じる?何に任せるんだ?』と。

その通りですよね。

なるべく手を出さずに見守るが基本だけれど、後々引きずるような事態をなるべく引き起こさないようにし、必要な時にサッと手を出すのが、様々な経験を積んだ大人の役割。

 

しかし、最近よく聴く、『子ども同士のケンカを親同士が解決する』のは、まったく分からない。程度にもよるし、必要なら親が行くのだけれど、あまりに安易に親が出過ぎでもある、と思う。

それでは、子どもは次にケンカをした時、どうやって解決したら良いのかが分からない。あげく、大人が介入出来なくなった後は、どうするのか?と。

人生は、『経験と慣れ』でしかないのに。

しかしこうなって、それをただ『学校に文句を言う』のも、これまた解決にならないような気がする。

それなら、そんなコトを少しでも話し合えるような場に行きたいし、PTA役員に入ったりしてもいい。

 

とにかく、いろんな考え方があるってコト。

多種多様な価値観を受け止められるヒトは、強いんだ!ってコト。ぜひ、子どもたちに伝えたいなって思ってます。

 

 

娘の人生において、顔にアトピーが出たのは2回目。前は、3歳の時でした。

一緒に、日本最北端の温泉郷『豊富温泉』へ、湯治療養に行きました。

結果的に、『温泉の匂いが強過ぎて入れない!』と言われ、ほとんど湯治はせずに(・・;)

しかし、根気よく見守り、落ち着きました。

 

それ以来です。

私にとっては、これくらいのアトピー、なんちゃコトないってくらい、散々苦しんできました。だから、ビックリもしないし、けっこう腹がすわってます。

 

この世の終わりのように思っている娘に、ゆっくり言いました。

皮膚って、すぐに良くなったりはしない。一度出たら、それなりに根気よく向き合ってかなきゃいけない。しかし、必ず良くなる。

ひとまず、ママが言うようにやってみて。必ず大丈夫やでね。

と。

それを聴いて、なお大泣きの娘。

 

大丈夫?必ず大丈夫なの?

と。

 

そう、不安感満載なんです。

いくらかでも、安心したいんです。

ギュッと抱きしめたら、なんて硬いカラダ!不安感って、こんなにカラダを硬くするんやなあ、と。

 

 

実は、先月からおかしいなと思ってました。

アトピーの症状はないモノの、とにかく目にチカラがなかった。それをみて、ビックリした私。

目の状態って、かなり大きいと思う。

たとえ大きな疾患であっても、目にチカラがあればひとまず大丈夫ではないか、と思うほど。

 

現状を受け入れベストを尽くすヒトの目は、穏やかで強いです。

 

娘の目は、ホントにチカラがなかった。あれ?と、ものすごい!違和感。

 

寝る前に、氷ばかり食べる。『氷が美味しい』と。

食べるコトのバランスを崩しているように思った。

『このままじゃいかんな〜』と思いながら、結局、具体策が見つからずに北海道へ戻っての、今です。

 

私にしてみたら、命がおかしいぞって教えてくれていたなあと、反省です。。。

大切な娘なのに。

 

今、北海道へ戻ってきて思い出すのは、嗚咽して泣く娘の泣き声。

 

辛いんですね、我が子の辛さって。

ホントに、変わってやりたいなあ、と。

 

そんなコトで、親って切ないなあと、しみじみワインを飲んでます(笑)

 

しかし、経験してなんぼ!なのであります。

娘はと言うと、今までいくら言っても聴かなかったのに、私が残して言った『10か条』をしっかり守って、アトピー良くなるようにするね!!と、空港で『またね!』した私にラブラブメールをくれました(笑)

 

娘にとって私は、信頼できる親でありたい。

パパとママはアナタの味方、そしてパパとママの宝だよ、と。

 

そのためにも、私は私をさらに磨いてゆくんです。

頼る価値のある親であるためには、産んだだけではダメだと思う。

磨いてゆかねば。

そして、多種多様な価値観を受け入れ、娘世代の価値観に寄り添ってゆかねば。

 

無理なコトは無理!

私は、ゲーム仲間にはなれないし、クレーンゲームの楽しさもよく分からない〜(笑)そこはパパの役割で(^_-)

 

ふたり居るって、単純に考えて、受け止め力が2倍!ありがたいです。

 

さあ、そろそろ北へ帰りまーす。

 

ありがとうございます。

◎ヨガはじめてみませんか?


日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』『バランスボールインストラクター』として活動しています!

各地へ出張レッスンに行かせていただいております。ぜひご連絡くださいませ。

1日10分からはじめる健康づくり。 そのためのアイディアやコツを、分かりやすくお伝えいたします!

沖ヨガインストラクター
バランスボールインストラクター
 中島まなみ(まなみん。)
 090-1983-4321
 MAIL


contact

応援クリック♪
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA