私の鎧。丸裸にはなれなかった過去の記録。

日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』として活動しているまなみんです(^^)

 

先日の大笑いな出来事。

今は、帰省中。故郷である愛知県瀬戸市にいます。

今回の帰省は、運動クラスの担当はないものの、秋冬に向けての打ち合わせや、久々のヨガ仲間との再会やで、あれこれ楽しく過ごしている中。

衝撃的な写真が出てきました!!

ジャーーーン!!

私の若かりし頃の写真っ!!!!!

独身時代。20代前半かな。

茶髪っ!笑笑

独身時代は、実家暮らし。その頃私が使っていたお部屋を、今では娘が使っています。

結婚する時にいろいろ整理したはしたけれど、残っていたのだなあ、と。

この写真たち、11歳娘が見つけて、『ばあば、これは誰?』と持ってきたそうで(笑)

そりゃそうだ。

確かに、これは分からへん(・・;)

誰だかも分からないほどに別人だと、自分でも思った!(笑)

あー、これはまさに白塗りオバケ~(笑)

私はアトピー肌で弱いので、化粧すると痒くなったりもしていたけれど、それでも。

化粧をせず外出するコトは、あの頃の私には出来なかったんだなあ。

 

昔話 その1。

厚化粧をしてハイヒールを履いて、カツカツと偉そうに歩くコトが、私の『鎧』だったのです。

ヨガを始めたのが、20歳の頃。

その頃の私は、まさに『体調不良の見本』のような状態。

まるで水死体だと思うほどにひどく浮腫み、常にダルくてヤル気も出ない。

体重は今より7,8キロは多く、60キロくらいあった。若さゆえで健康的に太っているのではなく、冷えて循環が悪過ぎて、硬く冷たくなっており。

それでも。

歯を食いしばって楽しそうにしていた、そんな頃。

 

長年患ってきた、アトピー性皮膚炎。

小学4年生から高校2年生まで。ずっと『ステロイド外用薬』を使い続けてきました。

年数を重ねるうちに、どんどん強い薬になり。

でも、それもだんだんと効かなくなる。

薬を少し手放すと、バケツの水をひっくり返したように大悪化する。もう、逃げ場のない状態。

それは、恐怖でしかなかった。

でも、どうするコトも出来なくなった。

病院に行けば、『とにかく薬を使い続け、騙し騙しでやっていくしかない』と言われるばかり。

私の不安に耳を傾けてくれるドクターには、残念ながら出会えなかった。いろいろ質問をするとイヤな顔をされ、病院不振に陥ってもいた。

あげく、『これ以上来なくてもいい』とも言われた。

もう、信頼できる先生を探す気力が残っておらず。

ただ絶望。。。

何も信じられない状態になった時、困り果てた末に母親が見つけてきたのが、『脱ステ専門のエステサロン』という、さらなる悲劇(;^_^A

チーン。。。

 

あの頃の私は、何の知識も経験もなかった。ただとにかく、辛かった。

カラダについての仕組みを学ぶゆとりもなかったし、インターネットもない時代。

今思い出すと、そのエステの先生は『よくよくハナシを聴いてくれた』コト。そして、『必ず良くなるから信じて通ってみて』と目をみて言われたコト。

ただそれだけで、あの時は救われた気がしたのです。

今も、支払った金額は聴いたコトはないけれど、多分、ものすごーい大金を使ったのだろうと思われます(・・;)

どっちにしても選択肢はないのだからと、半ば『義務感』で、そのエステに通っていたけれど、これまたある時、母親から言われたのが。

『これ以上お金を払えないからもうやめよう』と。いきなり。

絶望。。。

自分から行けと言って、一方的にやめるように言われた。このコトで、私はどれだけの『恨み』を持ったかと、思い出す。

今思い出しても、人生で本当に相当に苦しかった1,2年でありました。

 

その数年後。

20歳の頃は、外に出れる日も増えてきた頃だった。

そんな時、不意に誘われたのが、公民館で開催されている『ヨガサークル』であり、その先生が学んでいたヨガが日本伝統のヨガである『沖ヨガ』だったのです。

 

昔話 その2。

人生初のヨガ。

詳しくは覚えていないけれど、ふたつだけ鮮明に覚えているコトがある。

ひとつ目は、『アナタはおばあちゃんのようだ』と言われたコト。ハタチですが(・・;)

もうひとつは、『ヨガでアトピーが良くなるか?』と質問した私に、『そんなコトはアナタの命しか分からない。自分の命に聴いてみなさい』と言われたコト。

 

病院に行けば、『治らないから薬を使い続けるしかない』と言われ続けた。

エステのような民間療法の場へ行けば、『必ず治るから通うように』と言われ、莫大な費用がかかった。

もう、その時の私にはまるで分からなかった。

深い深い迷路に迷い込んだ想いが満載で。

それが、治るとも治らないとも言われず、『自分で確かめなさい』と言われたコト。

なぜだか、それがとても私には衝撃的で、初めて『選択肢』をもらったように思ったのです。

そんなコトもあり、しばらくヨガに通ってみるコトにしました。

 

昔話 その3。

ヨガを学び始めて、2年くらいは経っていただろうか。

ある日のコト。

クラスが終わって帰ろうとした時。

先生にいきなり、

『まなみちゃん、来週は化粧しないでいらっしゃい』と言われた!!

ガーン!!!!!_| ̄|○

その頃の私にとっては、厚化粧やヒールは『鎧』のようなモノで。

まだまだ、弱さを知られたくなかったし、幸せそうなフリをしていたかった。

体調が悪くなれば家に引きこもり、調子が良い時だけ外に出て、ワイワイと騒ぎまくっていた。

簡単には脱げない、強靭な鎧だったのです。

それが、素顔で外出するなんて。

それはまるで、『素っ裸で来なさい』と言われたような想いだった。

 

そして、どうしたか。

散々、迷った。

迷った。

そりゃあもう、迷った!!!

 

クラスが始まるギリギリまで迷い、やめようと思い、やっぱり行こうとも思って、それの繰り返し。

がしかし、『この機会を逃したらもうチャンスはないんじゃないか』という気持ちになり、結局、思い切って出かけた!!

その結果。

先生は素顔の私について、何も触れなかった!!!

 

これ、当時はかなりショックだったのです。

これほど頑張ったのに、勇気を出したのに、と。

 

あえて何も言わず、少しずつ私が鎧を脱げる時期を『見守ってくれていたのだ』と気付いたのは、何年後のコト。

師とは、偉大な存在です。

 

『啐啄同時』

そったくどうじ。

これは、後から知った四字熟語。

ああ、まさにこれだったんだっ!!と。

ヨガを学ぶヒトから伝えるヒトにもなった時、今も変わらずに、相当大事に思っているコトです。

 

ハナシを『今』に戻して。

あれから20数年。

今は、43歳。

ヨガのおかげさまにて、あれほど落ち着いていたアトピー性皮膚炎。それが、妊娠出産で不安定となりました。

それでも。

自分なりに解決策を見つけ、今は、きた北海道にて暮らしている日々。

家族には大迷惑をかけているし、離れて暮らす寂しさもあるけれど、それでも。

自分のチカラを信じ、命を大切にし、命のチカラを与えてくれた素晴らしい教えであるヨガを、日々お伝えさせていただいてます。

 

こちらは、つい昨日です。

仲良しの、ふじわらゆみこ先生と。

ランチミーティング。

ココロはハタチなどといつも言っているけれど、カラダは43歳!笑

歳相応に、老けてもいるのだろうと思う。けれど、それなりに私は、私らしく在れているんじゃないかな。

自分が自分で良かったとも、心底思っている。

肩肘張らず、厚化粧もヒールもなく、心地よく暮らせるようになった。

(厚化粧もヒールも、オシャレで楽しむ分には鎧ではない〜)

身軽であるって、いいな◎

 

とらわれず、こだわらず、はからわず。

ああ、なんて楽チンだろう、と。

 

あ、そうだ!

SNOWというアプリが、厚化粧してくれましたよ笑笑

怖いか(・・;)

 

ねえさんからは、お土産をいただいたのだけれど、『チコちゃん』という今流行りのキャラクター!

似てますか?笑笑

厚化粧に10センチヒールで鎧を着ていた私ですが、20数年経ち、チコちゃんになりました〜笑

 

改めて。

いやー、これって誰ですかっ!?笑笑

 

んでも。

すべて、必要なコトだったんだろうな。

良かったとは言い難いほどに苦しかったけれど、よくぞまあ乗り越えて、ここまで来れたね、と。

自分で自分を認め、褒めてあげても良いと思う!!(^ー^)

 

気付かぬトコロでも、相当の方々にご迷惑をおかけし、助けてもいただいているだろう。

だからこそ。

与えていただいた命、全うさせていただきたい。

と、心底!

 

 

ありがとうございます。

◎ヨガはじめてみませんか?


日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』『バランスボールインストラクター』として活動しています!

各地へ出張レッスンに行かせていただいております。ぜひご連絡くださいませ。

1日10分からはじめる健康づくり。 そのためのアイディアやコツを、分かりやすくお伝えいたします!

沖ヨガインストラクター
バランスボールインストラクター
 中島まなみ(まなみん。)
 090-1983-4321
 MAIL


contact

応援クリック♪
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA