船の汽笛が聴こえた。湧き上がる想いを受け止める『ゆとり』を持つコト。

日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』として活動しているまなみんです(^^)

 

『稚内市』で迎えた朝です。

ここは、海が見えるマチ。

港町。

船の汽笛がたまたま聴こえてきた。

きっと島に向かうフェリーだろうなあ。観光シーズン真っ只中の今、きっと満員のお客さまが乗っていて、座れないかもしれないな。それでもワクワクと^^

今日もまた、いろんな出会いが生まれて、それが時に人生を大きく変えるモノになったりして。旅ってホントに面白い。

そんなコトを、ツラツラと思う。

健康って貴重だなあと、こんなコトを思うたびにつくづくと思う。

絶不調の頃には、こんなあれこれを思うゆとりは少しもなかった。 船の汽笛に耳を傾ける余裕なんてなかったし、見知らぬヒトの楽しみに想いを馳せる余裕など、微塵もなく。

カラダの不調は、ココロにも大きく影響する。

昔の私は、ココロもカラダもカチカチで『生きにくさの見本』みたいだったなあと思い返す。

そんな、頑なに固まった私は、たくさんの涙によって、ゆるんで、溶けて、柔らかくなったのかな。

辛くて、痛くて、たくさん泣いた。

泣きたくてというより、あまりの不甲斐なさに、もどかしさに、やり場のなさに、涙が出てくるんです、勝手に。

でも今思えば、涙が出ただけ良かったなあとも。

涙も凍るほどには、固まってはいなかったのかな。

そう思うと。やっぱり、いつもまわりに助けられていたんだと思う。

それに対しては、ただただ『ありがとうございます』とばかり。

ホントに。

ありがたいサポートあっての今です。

自分をしっかり持っていたい。

自分の人生自己責任だし。

自分で責任を持つから、本気にもなるし、心底向き合える。

そうなんです。

そうなんだけど、結局は、そんな私を支えてくださる存在に結局は助けられている。

ヒトは結局にところ、そんなに強くはないと思うし、完璧などない。

たまに変な波に乗っちゃって、何だか分からないほどにパワフルになっちゃうコトがある。気持ちが大きくなっちゃって、出来ないコトが出来たりもして。でも多分それは一時的なコトで、いわゆる『特別』という状態であって長続きはしない。

それは、いわゆる『ブーム』という感じ。

 

じゃあ『普通でいいじゃん』となるけれど。

今度は、『普通ってなんだ?』となる訳で笑

普通って何?

普通って。。。

よくよく、よーく使われるワードだけれども、そもそも何でしょうか。

何を現しているのか?

多分、そのヒトそれぞれの常日頃。価値観のベースなんだろう。

ポイントは、『そのヒトの価値観』って部分。

万人の、ではなくて、そのヒトの。

『私はそうでも、アナタは違うのかもね』

この視点を持っているかどうかによって、『普通』と一括りにする概念の在り方が大きく変わる。『普通はね』と一括りにばかりしていると、時に相当『害』にもなる。

 

私の普通、アナタの普通。

その『境界線』が分かっているといい。

これ、かなり大事だと思う!

共通する部分を見つけたなら、分かち合えるコトを喜んだり、嬉しい気持ちを味わえば良いと思うし。

どれだけ子どもが大切でも、子どもは自分とは全く別の人格を持った存在。

血の繋がりがあるから似ている部分があるだろうし、腹を痛めて産んだからとあれこれ口出ししたくなるけれど。

そもそも、子どもは自分ではない。

ヒトは、ヒトを所有出来ない。

支配すればするほど、お互いが歪み、苦しくなるだろうと思う。

一般常識。 世間体。

そんなのいらない、とは思わない。

それなりにあったほうが良いだろうし、『秩序の維持』という、人間だからこその社会形成があるんだし。

ただ、枠としてガチッと固められると居心地悪いね、というトコロ。

『ぼんやりと』と言うと柔らか過ぎる表現かもしれないけれど、『いつもフワッとそこにある』感じで、塩梅良く行けないかしらね、と。

きっと、必要以上に締め付けず、不必要に突き放し過ぎず、『ほどほど』の置き所を。収まりやすい感じが分かってくると、きっと相当に楽チンなんだろうなあと思う。

船の汽笛が聴こえたんです。

すると、その汽笛が私の胸に響いたからなのかな。こうしてツラツラと、私の内側から想いが湧き上がる。

私は、書くコトで表現するのが好きだし、得意なんだろうな。

 

今日はお休み。

ある日の朝、ふとしたのんびりな時間を過ごしている今。

こんな『ゆとり』って、ホントに大切だなあと思う。

湧き出る想いに向き合えるゆとり。湧き上がる想いを文章として書き綴るコトが出来るゆとり。

ゆとりって、きっといろんなコトを解決に導くだろうし、それを失うと、いろんな局面にて苦しみに追いやられるんだろう。

 

ゆとりは、『隙間』とも言う。

アナタの今に、ほどほどの隙間がありますか?、と^ ^

 

若い頃、一気に駆け上がる時期とかは、少々タイトでもやってゆける勢いとかあるんだろうけどね。 私もそうだったように思います。

でも今は、もうそんな時期じゃないと感覚的に思ってるし、分かってもいる。

そもそもカラダがついていかないしね~笑

 

いいんです、それで。

今の私を受け止めて。心底受容してこそ始まる境地があるのだから◎

腹を決めたらあとはやるだけ!

43歳の私には、43歳の生き方があり、役割がある。

それで良いと思う~^ ^

 

たとえば、愛してやまない北の怪植物『エゾニュウ』さまで観てみると。

こちら、

旬、ですね!まさに駆け上がる時期です。

そして、こちら。

枯れかけています。が、この時期の美しさがある。

そして。

立ち枯れてもなお、美しく。

エゾニュウさまは、海岸沿いの海風厳しい地においても、雪の時期までもを乗り越え、立ち枯れてなお美しく、凛と立ち続けている。

私は、その凛々しい姿に勇気を与えてもらうし、この個性的で奇抜なフォルムに心底惹かれるのです。

 

雨にもマケズ。風にもマケズ。雪のも夏の暑さにもマケヌ。

 

 

ありがとうございます。

◎ヨガはじめてみませんか?


日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』『バランスボールインストラクター』として活動しています!

各地へ出張レッスンに行かせていただいております。ぜひご連絡くださいませ。

1日10分からはじめる健康づくり。 そのためのアイディアやコツを、分かりやすくお伝えいたします!

沖ヨガインストラクター
バランスボールインストラクター
 中島まなみ(まなみん。)
 090-1983-4321
 MAIL


contact

応援クリック♪
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA