『ウチら棺桶まで永遠のランウェイ』を読みまして。

日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』として活動しているまなみんです(^_-)-☆

 

マジツボったけど!笑

ん?

マジツボって何さ?

ここ1年くらいです。

11歳娘が言ってくるコトバが極めて不可思議過ぎて、たびたび聞き返している私ですσ^_^;

日本語乱れてると言えば、確かにそう。

んでもその反面、『それは面白い表現だなー』とも思ったりして。

 

『その日本語おかしいですよ』なんて本を、前に読んだけれど。

コトバもきっと、時代と共に変化するんですね。

これが進化なのか、突然変異なのかは、よく分かりません笑

 

 

古き良き日本とか。

先達への感謝とか。

もちろん、相当に大事です。

その積み重ねで今があるのは、マジ間違えねえって感じだし〜(使い方合ってますか?笑)。

 

 

ドカーンと来る本に出会っちゃいました。

前に、愛知の知り合いが勧めていた本を買って。

気付けば、もう1年近くも!経ってました。

『ウチら棺桶まで永遠のランウェイ』

kemioさんという方が書いた本ですが。

 

テレビを持たない私。ネットニュースもほんの少ーししか見ない私。

いわゆる田舎暮らしになった今では、本屋も近所になくなってしまい、すっかりと情報難民化しております。

 

とくに芸能ネタは。。。0点取る自信があります!(;^_^A

 

もちのろん、このkemioさんの存在も知らない訳で。

『この本は家の本棚に置いておきたいから買った』という愛知の知り合いのSNS投稿を読み、その情報のみで購入した一冊です。

 

そのうちに読もうと思っている本たち。

あーあ。まあまあ積み上がってしまっております(-_-;)

その積み上げた中の一冊だったこの本が、今日めでたく、日の目を見た訳なのです笑

 

とりあえず読みたそうな本は買って手元に置いておきたい。これ、なかなか治らない私の癖であります(;^_^A

 

はい、感想は?

いやーーーーーーぁ、スゴイでしたよ(あ、日本語おかしいですよね笑)。

これ、面白かったなあ!

 

それに。

本の概念を覆される、と言うか。

最近出版される本は、とにかく字数が少ないですよね。

ビックリするほどフォントが大きかったり、あげく、余白が広いんだから。

一冊を、2時間ほどで読めてしまう。

いや。

この本のように、1時間かからないような本もあったりして。

 

デザインもいろいろ。それがまた、ページによって違ったりもする。

これは本なのか絵本なのかどっちだろう?みたいなのもあったりします。

すぐに分かりやすい答えを求めたい現代に合わせてのコト、でしょうか。

 

こんな風に、イマドキと言うんでしょうかね。コトバの表現もそうだけれど、本の作り方もそう。

いやー、いろんな意味でパンチがある一冊でした。

 

 

私って、きっと。

『ヨガ』というフィルターで物事を見過ぎている。

それにはちゃんと自覚症状があるし、まあ、だからこそ『私』という雰囲気やイメージなどが出来上がっているのだろう、とも。

私、ヨガインストラクターっぽいですか?(ぽいって何だ笑)

私は、『沖ヨガ』という日本で生まれたヨガを学んでいるのですが、沖導師の著書に『眼の良くなるヨガ』という本があるんです。

でも、これってば。

この本を読んだコトでなお目が悪くなるんじゃないか?と真剣に思うほどにフォントが小さくて、余白が少ない笑

でも。昔はこれがスタンダードでしたけどね~

昭和時代の沖ヨガの本をめくるたび、『もっと大きな字で書いといてくれたら』と思うのは、私の老眼のせいでしょうか?f^_^;

 

 

kemioさんの本にハナシを戻します。

本に書いてあった、胸を撃ち抜かれたコト。

様々ありますが。

ひとつだけ。

 

『あんなに便利なAmazonにだって不安を消す薬なんて売ってないですよね。

じゃあどうする?

自分で脳をあやつって、不安じゃなくするしかないの』

 

だそうですよ笑

 

ヨガでは、『今に在る』術を学びます。

日々、その訓練を積むのです。

不安と向き合うって、それが今に在るのかどうか?が、とても大きいから、まずはそこから、と。

『脳をあやつる』って~

この、分かるようで分からないようなコトバが、まさにイマドキなのかもしれません。

 

 

この本は、娘にも読んでみてもらいたいなと思うなあ。

だから結局、私も買ってよかった!

だって、家の本棚に置いておきたい本だったからです。

 

最近娘はすぐに、『顔面偏差値』とか『恋愛負け組』とか言ってくるんです。

私、相当にそれらが気に入らないのですが笑笑

まあでもそれが、彼女の今なんだろうからとも思いつつも、やっぱり気に入らない!!

 

そもそも。

アナタの価値は誰が決めるのよ?ってトコです。

いや、あれこれ言ってもうるさいと分かっていますよ。

が、言いたくなる。(はい、それはおばさんだからですね笑)

 

 

誰かに愛されるコトは、確かに幸せ。

でも、誰かに愛されるために自分を生きているのではない。

自分を自分らしく生き、自分を様々に表現している。

まず、そこから。

その結果、時に誰かに愛されるコトがあり、時に、お互いの想いが釣り合うコトだってある。

 

そして。

愛されていたけれど、愛されなくなるコトもある。

でもこれ、自分の価値が『相手にとって』変わっただけで、自分自身が変わった訳ではないってコト。

この、禅問答みたいなやつ笑

でも、相当に大事な部分だと思うのです。

 

自分らしくって、そもそもどんな?

そんないろいろを、きっと、この本には面白おかしく触発されると思う!

面白いでーす◎

 

 

ありがとうございます。

◎ヨガはじめてみませんか?


日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』『バランスボールインストラクター』として活動しています!

各地へ出張レッスンに行かせていただいております。ぜひご連絡くださいませ。

1日10分からはじめる健康づくり。 そのためのアイディアやコツを、分かりやすくお伝えいたします!

沖ヨガインストラクター
バランスボールインストラクター
 中島まなみ(まなみん。)
 090-1983-4321
 MAIL


contact

応援クリック♪
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA