指折り数える。

毎週木曜日に開催、

豊富町のコミュニティカフェ『おひさまサロン』。

豊富町保健センターが主催している、介護予防事業のひとつです。

プチ元気体操をして、

お茶を飲みながらトランプしたり、

塗り絵したり、

脳トレしたり。

そして最後の時間には、みんなで歌を歌います。

開催場所は、豊富町の中心街にある『定住支援センターふらっと★きた』。

この場所から遠い地区に住んでいる方は、月に一度、送迎がついてます。

この送迎を利用して毎月欠かさず来てくれるおばあちゃん、おふたり。


『わー久しぶり!』と1カ月ぶりの再会を喜び、一緒に塗り絵をするコトに。

この時の何気ない会話の中、
『この日を指折り数えているんやよ。あー先生に会えるって。』

『私、家でもちゃんとやってるんだ、もっとゲンキになりたいから。』

『ホントは、もう一回くらい来たいんだけどね。』
毎月サロンに来るコト、それ自体が日常の励みとなり、楽しみになっているコト。

そんな、いろんな気持ちを聴かせてもらい、嬉しい気持ちと、切ない気持ちと。

町民の皆さんそれぞれ、いろんな想いがあり、いろんな要望がある。

それを全部叶えるコトは出来ないのだけれど、こんな小さな田舎町、車に乗れなくなると一気に活動範囲が狭まり、会いたいヒトにも会えなくなり、たとえ会えたとしても、回数も減り。

私は当たり前のように車に乗って、あっちこっちへと出掛けている。

会いたい時に会いに行けない、さみしくてもひとりでいる。

そんな生活って、どんなやろう。

と、想像して。

うーん。

辛いな、私(;_;)

別れ際はいつも、硬く硬く握手をして、『また来てよ!待っとるから』と言う。

また来月まで、指折り数えてサロンの日を楽しみにしてくれているのかな。

『いつでも待っとるでね、さみしい時や辛い時には、思い切って出かけて来て』と、私はよくクラスの中で言っている。

でも、誰しもが、手軽にあちこち行ける訳ではない。

おひさまサロン。

あたたかいヒカリが射し込むような場所になったらいいなと、名付けられた。

私もいつか、指折り数えて誰かを待つ、出掛けられる日を楽しみにする生活が来るかも。

そんな時に、『ここに行けるのを楽しみにして』という場所があったらいいな。

歳を重ねると言うコトは、『喪失感の連続』やと言う。

出来るコトが出来なくなる。

居てくれたヒトが居なくなる。

そうすると、チャレンジする意欲が減退し、守りに入りやすくなる。

慣れているコトを好み、とにかく無理はしない。

だからこそ、守られるコトがあって、それ自体が悪いコトではない。

ただ、時には『エイっ!』とチャレンジするコトが、命の刺激になるやろし、さらなる意欲へもつながるやろう。

コミュニティカフェ。

こんな小さな田舎町にとっては、大切な場所と成し得るのではないか。

歩いて行ける場所にあったらいいな。

あそこに行けばあのヒトの顔が見える。

そう思って、楽しみに出掛けてゆけたら。

拠点は大切。

そして、その拠点を守っているヒトの存在は、大きい。

この日は、子どもちゃんも来てくれていましたよ^ ^

たつくんー(╹◡╹)

ゲンキいっぱい!
しっかり自分の想いを伝えてくれる男の子。

かわいいのです🎶
また来てね〜!
ありがとうございます。

◎ヨガはじめてみませんか?


日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』『バランスボールインストラクター』として活動しています!

各地へ出張レッスンに行かせていただいております。ぜひご連絡くださいませ。

1日10分からはじめる健康づくり。 そのためのアイディアやコツを、分かりやすくお伝えいたします!

沖ヨガインストラクター
バランスボールインストラクター
 中島まなみ(まなみん。)
 090-1983-4321
 MAIL


contact

応援クリック♪
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA