かわいこ、中学生おめでとう!『なんとなく』その感覚を大切にしてゆこうね。

日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』として活動しているまなみんです(*^-^*)

 

子どもは勝手に育つんですね~

『友達がいる時に「かわいこ」って呼ばないでっ!』

『学校にはピンクの服で来ないでっ!』

とσ^_^;

小さい頃、あれだけに『ママダイスキ〜』と、毎日のように言ってくれた娘は。

どしどしと成長し、この春から中学生になりました◎

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

『子どもは勝手に育つ』とは、ホントにその通りです。

時に親は、『自分が育てている』と。

大きな大きな勘違いをしがちだけれど。

親は、子どもの身長を1ミリだって伸ばすチカラはないし。

あれこれしても、何もしなくとも。

子どもって、勝手に育ってゆきます。

でも。

毎日のあれこれって、無駄か?

となると、そうではなくて。

やっぱり。

子どもたちにとって、『育つ環境』はめちゃめちゃ大きくて、大切なんだと思うのです。

 

じゃあ、どんな子育て環境が良いのか?

その議論は永遠だし、答えはきっと、見つからない。

でも。

親にならせてもらった以上、今のところではあれど、ある程度の方針を持ち、
試行錯誤をしつつでも、『このようにやってみよう』と言うのは、大切です。

私は、

『子どもの育ちをなるべく邪魔しない』

のが一番だと思っていて、

なるべくに、

『子どもが求めるまでは手を出さない』

とは、思っているけれど。

結局は、離れて暮らしてるのを良いコトに、
口ばっかり出してしまうのであってf^_^;

これは。私自身の性分であって、改善してゆくのは、なかなか手強い感じです。

少なくとも。
私は、私らしく生きていようとは、思っている。

それが。娘にとってもステキなコトだと、信じています。

『自分の人生は自分次第』

『本気で取り組みたいコト、熱中出来るコトがあれば、ヒトは相当に幸せになれる』

と。

私の毎日を、彼女がぼんやりとでも眺めていてくれたなら。
それなりに、伝わるのではないか、と。

そう思っています。

それを、私の母は『アンタは勝手過ぎる』と。

いつも怒ってくるのですが(;^_^A

まあそんな風に、いろんな大人がいるんだよ、ってコト。

答えはひとつじゃないんだよ、ってコト。

大切にする『仕方』はそれぞれだけれども、
みんなアナタを心底愛しているのだよ、と。

それが伝わっていたなら、それで充分なんだろうと思います。

 

娘は、中学生になりました◎

父が通った、私が通った中学校に、娘も通うコトになりました。

まさか、私は。

生まれてからたったの5年で、離れて暮らすコトになろうとは、
夢にも思っていなかった。

アトピー性皮膚炎の悪化に苦しみ、北海道に移住したものの。

移住したばかりの頃は、ホントにホントに切なくて、やり切れなくて。

今思えば。
相当に不安定で、無駄に忙しくしていたなあ、と(・・;)
思い返すと、改めて思いいます。

でも。

ヒトって強いものですよね!

あれから8年。

私も、娘も、何だかんだと強くなり、
それぞれに、お互いの人生を歩んでいる。

(そのためのサポートに大きな感謝!
愛知の家族には頭が上がりませんT^T)

 

そんな中でも。

『中学生になったら北海道においでね』、と。

ずっとずっと、言ってきたんですよ。

でも。

まあ、案の定ではあるのですが、
娘は『絶対にイヤだ!』、と。

『私は愛知県がいいの!今の友達がいいの!

ばあばのそばにいなきゃダメなの』、と。

ばあばに勝手なコトばかり言ってさ、不機嫌にしてさ、困らせてばかりいるのにさ〜、って笑

でも。

彼女は、とても優しくて。

ばあばが、とても寂しがりやだと分かっているんだろうなあ、と。

え?私は?

どこでも強く生きてゆけるヒトだと、とっくにバレているんだろと思います笑

でも。
もちろん。

一緒に過ごせたらいいなあとは、毎日思っていますよ。やっぱり、そばに居たいです。

だけど。

痒い痒いと言いながら、さらにひどくなれば寝たきりの毎日になるのは、もうイヤだっ!

アトピー性皮膚炎に振り回される毎日は、ホントに辛い。。。

心底、もう懲り懲りです。。。

それならば。

潔く、諦めて。

体調良く過ごせる北海道暮らしを楽しむ!コトにしました。

 

距離ですれば、1200キロくらい離れているらしい。

そんなコトで。

先月亡くなった、父の死に目にも会えませんでした。

でも。

私は腹を決めたんです。

移住して自分の役割に励む、と。

だから。

あとはやるだけ!

 

 

なんとなくって、きっと、人生の大きな分岐点。

私がヨガと出会ったのは、20歳の頃です。

だから、もう25年前のコト。

その時も、娘がなんとなく習字に出会ったように、『なんとなく』でした。

なんとなく、次のレッスンにも行ってみようかな、と思った。

それは。

なんとなく続けてみたいな、と思ったから。

そんな、なんとなくが、
見知らぬ地でひとりで生きてゆけるほどのチカラになるだなんて!

今では。

ヨガというひとつのツールを通して、
たくさんの出会いをいただいたし、
ここ、きた北海道でも、たくさんの仲間や知り合いにも恵まれました。

私からヨガをとったら、何が残るんだろう?とすら思うほどに笑

 

ヨガは。

こんなにも大きく、私を彩ってくれた。

きっと。

人生が、大きく大きく変わったのです。

その出会いは、『な、ん、と、な、く』でした笑笑

 

私は、娘が何歳になっても『かわいこ~』と、呼び続けたい。

私が80歳で、娘が58歳になっても!
(計算合っとるかな?笑)

だって。

何年経っても、何がどうなっても。

私にとって、娘は超絶かわいい子♡

かわいこだから、でーす(^ν^)

 

かわいこ!中学生おめでとう㊗️㊗️㊗️

アナタの毎日に、
受け止め切れへんほどの幸せが溢れますように。

シャイなアナタ。

それもまた、かわいいのですよ〜

(完全に親バカ笑)

 

唯一無二の友達が出来るといいね。

友達って、
たくさんいるのが幸せではないと思うよ。

何でもそうやけど、大切に出来る分だけが、そこにあれば良いのだからね。

ヒトって。

たったのひとりでも、心底理解してくれるヒトがいたら、
強くたくましく生きてゆけるのではないかと思います。

アナタに、
そんな出会いがありますように、と。

北の大地から、毎日祈ってまーす!

 

かわいこ、だいすきよ♡♡♡

アナタのママになれた私は、世界一に幸せ者だわ〜!

ふふふ(^ー^)

 

ピンクでおかっぱのママより笑笑

 

 

ありがとうございます。

 

#沖ヨガインストラクター

#まなみん

 

◎ヨガはじめてみませんか?


日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』『バランスボールインストラクター』として活動しています!

各地へ出張レッスンに行かせていただいております。ぜひご連絡くださいませ。

1日10分からはじめる健康づくり。 そのためのアイディアやコツを、分かりやすくお伝えいたします!

沖ヨガインストラクター
バランスボールインストラクター
 中島まなみ(まなみん。)
 090-1983-4321
 MAIL


contact

応援クリック♪
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA