森のつくりてになりたくて@木工作家 高橋綾子さんの本を読んで。

日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』として活動しているまなみんです(*^-^*)

 

『森のつくりてになりたくて』

中川町の木工作家、高橋綾子さんが出版された本を読みました。

 

彼女が製作したステキな木の器と共に届いた、この本。

昨年のコトだったかな。

綾子さんが『本を出したい』と、クラウドファンディングに挑戦すると知りました。

私は迷わず、その取り組みを応援させていただくコトに。

そして生まれたのが、この成果物。

本好きな私としては、とっても嬉しい!!

 

綾子さんとの出会い。

初めてお会いしたのは、いつだっただろうか。

ヨガ教室に来てくださった時だったか、イベントでお会いしたんだったか。

ただ、その時の印象はよくよく覚えているのです。

その透き通るような透明感の中にも、どっしりした芯を感じて。

とても繊細で研ぎ澄まされた部分と、その力強い軸とが混在する雰囲気。

ああ、きっとこの女性はステキな作品を生み出す方なんだろうなあ、と。

まさに、作り手さんという雰囲気でした。

 

『ヒトと木がつながるヨガ』の記憶。

そんな彼女とは。

『木を削ってもらい、その木の香りを感じながらのヨガ』をさせていただいたコトもありました。

これ、めちゃめちゃステキだった!!!

彼女が木を削り始めると、すごい集中力。

そして会場には、木の香りが広がる。

深まる呼吸。

その場に起こる様々が不思議に入り組んで、不思議に上手く混じり合い、何とも言えない空間が出来上がったコト。

 

クラスの最後、会場中には木屑がいっぱいになった。

これがまた、何ともステキだったなあ。

こうして書き始めると、あの時の記憶が蘇ってきました。

キャンドルの灯りのやさしさ。

 

◎『ヒトと木がつながるヨガ』について書いた記事→★★★

 

そう。

まだ乾燥していないミズナラの生木を削ってもらうと、その香りが会場中に広がったんです。

久々にこの日のブログ記事を読み返すと、その空間を鮮明に思い出した!

『そうだ!ミズナラの生木だったよね~』、と。

ああ、ホントに素晴らしかったなあ。

ぜひまた、こんな場に出会わせていただけたらいいな。

と、強く思ってます!!

 

そして、今回読ませていただいた本ですが。

これもやっぱり、彼女の雰囲気がそのままでした。

柔らかくて、優しくて、力強い芯がある。

木に興味があるヒトも、そうでないヒトも。

ぜひ、たくさんの方に読んでみていただきたいな。

多分、日頃本を読む習慣がない方でも、サラッと読めてしまうのではないかと思います。

字は多くなくて、ステキな写真が多数。

最近は、こんな本が多いですね。読みやすいし、分かりやすいし。

 

ひとりの作家さんが、なぜものづくりに目覚めたのか。

新天地にて、どのような活動を積んできたのか。

そして、木に対する考え方、向き合い方など。

そんなコトが丁寧に綴られ、知らない部分に触れたコトで、さらに使っている器に愛着を持ったし、『届ける』という価値を感じた。

綾子さんが届けたかったコトに、私なりにですが、触れた。

 

中川町の方にもたくさん、手に取っていただけたらホントに嬉しいなと思う。

同じ移住者であるからと言うのもあるけれど、ぜひ、地元で生まれ育った方にも、その地が持つチカラのひとつとして、木のコト、彼女のような作り手さんがいるんだってコト、ぜひ知って欲しいなって思うんです。

 

ものづくりに込められた魂。

ものづくりって、『分け御霊を込める作業』なんだと思う。

ある作家さんが『作品は自分の分身です』と言っていて、それにはとても納得した。

 

私は、愛知県瀬戸市で生まれました。

ここは、『陶磁器』がたくさん生み出される町。いわゆる『せともの』です。その発祥の地。

それもあり、ものづくりの現場は小さな頃からたくさんあった。

私の父の兄も、陶芸家。

物静かで口下手。おじさんは、たくさん話すヒトではなかったけれど、作品は多彩でとても優しい。

きっと作品を通して自分を表現しているんだなあと、子どもなりに感じてました。

 

土をこねて、形成し、着色し、焼き出す。

そのひとつひとつの作業の中に、どれだけの想いが溢れているか。

それらが焼きしめられ、作品には多くの『想い』がこもっている。

 

あ、100均の陶器にはあまりこもってないかな(・・;)

と、私は思う( ;  ; )

近年では、結婚するのに新居で使う食器類を100均で揃えるというハナシも聴く。

それを聴くと、思わず泣きそうになる私ですが(;^_^A

でも、価値観はヒトそれぞれですものね~

 

作品に込めるチカラ。

その作り手の想いって、私たち使い手が支えているんだとも思う。

 

大切に使わせていただく。

モノは、壊れたら終わり。割れたらそこまででいいとも思うけど、何とか直して使い続けたい。

作り手の想いを受け取ると、やっぱりそうなるんですね。

だから。

高いからとか安いからとか、そんな問題じゃない。

作り手がモノ作りに励むための、その適正価格を壊してはいけない。

残って欲しいモノを買い支えてゆくコトが、私たち消費者の役割じゃないか、とも思っていて。

何を好み、何が欲しいかはヒトそれぞれにしても、『安さばかりを優先して買い求める』となれば、

質の良い製品が、世の中から見事に、どんどんと消えてゆく。。。

 

安かろう悪かろうで、どうやってヒトは幸せを見つけてゆけるのか、と。

時代と逆行し、いつも考え込んでしまいます。。。

これは、贅沢じゃないんです。

必要な分を、必要な分だけ分けていただくコト。

自らの暮らしを丁寧に紡いでゆく元として、分けていただく。

大切に使えば、多分、安いモノをいくつも買うよりよっぽど節約だとも思うし。

 

たくさんはいらないから。

私は、綾子さんの作品を3つ持っていて、頻繁に使っています。

私は何でもゴハンにかけて食べるので、それが出来る大きなお皿がひとつ。

そして、少し小さなお椀がひとつ。

そしてそして、今回いただいた器が仲間入りしたので、全部で3つになりました。

高価だからと、しまいこんではまるで意味がないから、いつも使っています。

愛知で暮らしていた時もそうでした。

おじさんが作った、ひとつ何万円もする器を、普段使いしていた。

だって。

おじさんは使って欲しくて焼いていたのだろうから。しまいこんだらもったいないじゃん!と。

そして、割れてしまったりもするんだけれどね(;^_^A

それもまた、在り在りとした暮らしのひとコマなんだと思うんですね。

 

今もまた。

木のお皿は長くお水につけないでと言われても、ついついつけちゃったり、食べてまんまにしたりもたまにしてます(綾子さんごめんなさい〜)

それでも。

『ごめんね〜』と言って丁寧に洗って、乾かして。

そうして、自分なりにですが、大切に使ってます。

 

モノを愛おしむ。

それは、ヒトを愛するコトとまったく同じ。

全てはエネルギーだと思うから、エネルギーの高いモノに囲まれていたら、自然と自らも高まり、巡ります。

だから。

何に囲まれて暮らしているかは、すごく大切!!

だから、結果的に私は、安さを優先して求めない。

自分の手に届く範囲で、大切に出来そうなモノを買わせていただき、それを、なるべく長く大切に使いたいなと思う。

それがたまたまわりと高かったり、それほど高くなかったりするだけ。

 

モノの価値もあるけど、その優先順位も大切だなと思います。

私にとって服は、とくに『ヨガウェア』は、消耗品。

大切にするにしても、まあまあ早く傷んでしまうので、汚れたり薄くなったりすればあっけなく手放して、買い換えます。

だから、最優先は動きやすさだけれど、高くないコトも大事。

何年も大切に使うのが、これに関しては難しいんですね。

モノにより、都合により、臨機応変で良いのだろうと思う。

そんな中、何着かだけ、思い入れのある大切な服があるんですね。好きな生地を選んで、丁寧に作ってもらったもの。

やはりそれは、保管も丁寧になるし、見つけたらシワもサッと伸ばす笑

長く大切に着てゆけたらと思うから^ ^

 

そう。

この前、『オートクチュールのスーツ』を扱っている男性に出会ったんです。

あまりの紳士的な雰囲気に、『ああやっぱり服のチカラってすごいな!』って思った。

それだけに価値のある服を着ている、という意識が、キリッとした雰囲気を作っていて。

『自信を持ちヒトに勧めたい』という意識は、そりゃあヒトを豊かに育てるし、生かすんだろうなあ、と。

自分が服に合わせて着るのではなく、服を自分に合わせてとても美しく着ていらっしゃる。だから、そりゃあスッキリ、キッチリ、無駄がなくて美しいんです。

私は、スーツを着る機会がほぼないけれど、だからこそ1着でいいのだし。

いつかお願いしてみよう〜、と思ったんです。

 

日々納得のいく

生き方をしなければ。

 

私は、大切に出来るモノとのご縁が、私自身を豊かに育ててくれるのだと知ったから。

だから。

そんな、目に見えないチカラを大切にしたい。

 

良いか悪いかではなくて、『しっくりくる』という感覚を。

自分が納得できるところまで落とし込むって、大切ですね。

 

 

綾子さん。

ステキな本をありがとうです◎

 

笑顔あふれるより豊かな毎日を目指して。

私は丁寧に、ヨガをお届けしてゆこう。

これは、カタチには残らないモノだけれど、その時々の『今』を刻んでゆけたらいい。

人々のココロに残ってゆくような、そんな場を創造してゆけたらいいな。

 

ぜひ、ご一緒してください。

ますます、精進してゆきます。

 

 

ありがとうございます。

◎ヨガはじめてみませんか?


日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』『バランスボールインストラクター』として活動しています!

各地へ出張レッスンに行かせていただいております。ぜひご連絡くださいませ。

1日10分からはじめる健康づくり。 そのためのアイディアやコツを、分かりやすくお伝えいたします!

沖ヨガインストラクター
バランスボールインストラクター
 中島まなみ(まなみん。)
 090-1983-4321
 MAIL


contact

応援クリック♪
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA