坂田明さんはやっぱり凄かった!

日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』として活動しているまなみんです(╹◡╹)

先日。

かの有名なミュージシャン、坂田明さんのライブが稚内市にある『えびなイベントホール』で開催されました。

 

当たり前ながら、技術はスゴイ方なんだと思います。

 

ジャスと言えば、王道のジャスを奏でるのだろうし、ポップスと言えば、そうなのだろうし。

そうじゃないと言えば、それはすでにコトバでくくれない世界観なのだろうし。

 

カテゴリーってとても分かりやすいけど、どこにも属さない、属しようがないコトってやっぱりあります。

確信をついていると、そんなコトになるのではないか、と。

 

 

その中で、『アレンジするチカラ』は、基本があってこそなのだろうと思います。

たとえそれが、完全独学だとしても、そのヒトなりの型はあるのだろうし。

 

キレイな声であっても、とても上手な演奏だったとしても、それがヒトのココロに響くかは、また別のハナシ。

 

お上手。

間違えなく上手いけれど、ココロにまでは響いてこないのね、というコトはよくよくあるコト。

それは、奏でるほうが悪い訳でも、受け取り方が悪い訳でもなくて、『そんなモノ』なんだと思います。

 

 

坂田さんが、ライブの中で言われてました。

 

音楽は、考えても分かんない。
やってる僕らも分かんないんだから。
今日もこの3人がただ好き勝手にやってるだけ。
だから、皆さんが分かるわけないじゃないの。
ただ、ぼんやーり聴いてくれたらいいの。
そしたら、何かが『ん??』って引っかかるかもしれない。
そんなモノ。

 

うーん確かに。ホントにそうです。

 

坂田さんの演奏を何年か振りに聴かせていただいたけれど、今回もやはり、奥の方をえぐらるような感覚でした。

途中で、『やめて〜』って言いたくなるような感じ(笑)

それを『なんでやめてなの?』と聴かれても、こうだからと説明が出来ないのです。

奥の方過ぎて。

コトバで伝えられない部分だから。

 

それを『魂』と言うならそうだし、『命』と言うならそうです。

 

『感じるコト』
良い悪いじゃなくて、感じ味わうコト。

それが大事。

ココロの奥の方を突かれて、その余韻がまだ今も残ってます。

 

そんな時に、いつも思うのです。
これが『ホンモノ』なのかな、と。

 

文化芸術の素晴らしさはそこにある。

分け隔てなく、観たヒト聴いたヒトが自由に感じたらいい。そこに答えはないし、理論理屈もない。

 

音楽って素晴らしいです。

誰も区別しない。
そこに居るみんなに響いてくれる。

どう響くかは、ヒトそれぞれでしかない。それがそのヒトの響き、個性なんやと思います。

 

譜面は読めなくても、聴こえる。

演者を観ていると、その手先から、表情から、湧き上がってくるコトがあって。

 

音楽は人生になくてはならないモノである!!というコトは、よくよく分かった夜です。

 

 

 

なんと、ライブの後に懇親会にも声をかけていただきました。

 

 

人生って面白いですね。

愛知県で生まれ育った私。それがなぜか、日本のてっぺんにて暮らすコトとなり、これまたなぜか、坂田さんとご一緒にお酒を飲むなんて。

 

結局思うのは、それは必然だから。なのですが(笑)

 

 

一緒に写っている、一番右の福間敏彦さんと一番左の加奈ちゃん。出会えたコトに、とても感謝しています。

私はここ日本のてっぺんに来て、どれだけの素晴らしいご縁に恵まれているか。

 

地域の食の安全を作りたいと、信念の元に商いをするおふたり。

稚内市中央商店街にある『食品館あいざわ』さんが、ふたりの拠点です。

 

そんなふたりが、なぜジャスライブを企画したのか?それはきっと、『食べるコトも音楽もホンモノに触れるコトには変わりないから』です。

 

 

いろんな道のプロフェッショナルがいます。

流派が違えば、通り方がまったく違ったりもして。しかし全部、根っこではつながっている。

山をどこから登るかはそれぞれやけど、登ってみたら、ホンモノはみんなそこにいるんです。

 

 

私もますます励みたい!と、強く思った夜でした。

私は健康づくり、ヨガのプロフェッショナルで在りたい。そのためには、まだまだ得たいコト、必要なコトがたくさんにある。

 

しかし、技術を学ぶだけではないんです。

上手にやりたい訳ではない。

ますます肉体の柔軟性をつけ、アクロバティックなポーズをとるコトではない。(それも大切だけれど)

 

ヒトの魂に触れるモノ、唯一無二であるコト。

それは、私の命が成せる技です。

私は私のホンモノに触れていたい。

 

坂田さんが、懇親会の時に話してくださいました。

自分の演奏に感動して、泣きそうになる。でもライブ中はこらえる。絶対泣かない。たまに、泣いてしまうコトもあるけどね。

魂が震えるのは当然。魂が震えるようにしているのだから。

 

これ、ホントによくよく分かります。

私もそうだから。

私から生まれてきたコトに感動するって、ヒトに話すと『え?』と言われるかもしれないけど、けっこうあります。

そのたびに感動する、命ってスゴイな〜って。

 

坂田さんはそれを、『音の中にすっぽり入る感覚だ』と表現されてました。

うん、きっとそうなんだろうなあ。

 

私は、どんな感じだろうか。やっぱり、『一体感』かな。それはそう、よく分かる。けど、やっぱり、表現は難しいです。

 

人間だけじゃなく、その場に在る全ての存在がひとつになる瞬間、それには、底知れぬ感動があります。

しかし、それはとても穏やかで何の摩擦もなく馴染みまくっているから、、一見気付かないくらい。

それを後から思い出し、感動がこみ上げたりします。

 

坂田さんと共にいらっしゃった、ベースもピアノも素晴らしかった!

音であれこれハナシをしている感じ。時に荒っぽく、時にやさしく、語りかけたりして。

なんとも素晴らしいトリオ!でした。

 

そんな、ステキなステキな夜に感謝します。

 

 

ありがとうございます。

◎ヨガはじめてみませんか?


日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』『バランスボールインストラクター』として活動しています!

各地へ出張レッスンに行かせていただいております。ぜひご連絡くださいませ。

1日10分からはじめる健康づくり。 そのためのアイディアやコツを、分かりやすくお伝えいたします!

沖ヨガインストラクター
バランスボールインストラクター
 中島まなみ(まなみん。)
 090-1983-4321
 MAIL


contact

応援クリック♪
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA