お金ではなくヒトですから@人生フルーツ。

日本のてっぺん・きた北海道を拠点に沖ヨガインストラクターとして活動しているまなみんです(╹◡╹)

今日。
やっとやっと、『人生フルーツ』を観てきました。

あと1週間、日本のてっぺん稚内市の映画館でも期間限定で観られるのです。
なんてありがたいーーー!

この企画を実現してくださったのは、稚内市中央商店街にある、『食品館あいざわ』さん。

アットホームで、とても真面目に商いをされているお店なのです。

◎食品館あいざわさんのFacebookページはこちら→★★★

人生フルーツは、ドキュメンタリー作品。

なんと、私の故郷である『愛知県』の春日井市にて暮らす老夫婦の、ありのまんまの日常の姿です。

ハンカチなしでは観れないから。と、何度も何度も聴いてましたが。

はい、その通りでした。

しかし、ラブストーリーとかじゃない、何が良かったのー、とかでもないんです。

それはもう、『在り方』そのものに、静かな感動がただただ広がり続ける感覚です。

人間らしく生きるとは?

ただただおふたりは、家族を大切に、人間らしく生きるコトを穏やかに実践されている。

何気ない暮らしの中に、たくさんの楽しみを作って、それを共に楽しみ、共に在るじかんを慈しむその姿は、もう、理論理屈ではないです。

この映画を観て、まず何より思ったのは、人間はこんな風に生きたなら、不自然に死ぬコトはないのではないか。というコト。

いただいた寿命を迎えるまで、穏やかに命は命らしい姿をし、カタチあるカラダは、いたって自然に老化をし、さらにさらに、深みが生まれてゆく。

おふたりの内側から溢れるとても穏やかな笑顔は、弾けるようでもない、物悲しいでもない、喜怒哀楽すべてを超越した、それはまさに、ヒトが本来の生き方に従い長く生きるとこうなるよ。という感じで。
この映画はホントに、たくさんの方に観ていただけたらいいな!と、勝手な想いが溢れました。 

私、こんな風に生きてゆけたらと、ずっと、ずーーーっと思っていながら、かなりほど遠い暮らしをしています(笑)

あ、笑うとかじゃないか(・_・;

でも、きっと、時期がある。タイミングがある。

41歳の私は、まだまだ打たれてもがいて、修行してゆかねば!!

私にいただけた寿命がどれだけかは分からないけども、忙しさに揉まれ、経験させていただき、様々に学び、いつか、シフトダウンする時がくるやろうと思う。

その時に、私のココロに居るヒトたちの存在こそが、宝なんやろうとも思います。

仕事を通してのつながりは、たっくさんいただいて居るけれど、ヒトとしてつながってゆける出会いをいただけたなら、それは、どれだけに幸せなコトか。

(以下ネタバレ!観る予定で知りたくない方は読まないでください^ ^)

  

ある日、その日は突然にやってきて、ご主人は息をひきとられます。

そのご主人に、奥さまが言ったコトは、、、

さみしいけどがんばって生きますから。

いつか寿命を迎えて灰になったら、一緒に南太平洋の海に撒いてもらいましょう。
その時を楽しみに、また会えるのを楽しみに、がんばりますから。

 一言一句同じではない、私の記憶に残るコトバです。

このコトバを聴いた瞬間、愛するヒトに先立たれるのは身を切られる痛みやけれど、唯一、自分の命をまっとうしてこそ、その痛みを乗り越えられるのだ。とは、明確に思ったコト。

自分だけ余命を残してカラダを脱いだら、愛するヒトにまっすぐ会えない。

いつその時が来るかもしれないと、『今』という共に在れる瞬間瞬間を重ねていたからこその境地やった、とも思います。

お互いを『さん』付けで呼び合い、何気ないコトにも『気遣う』コト。

 存在そのものにくつろぎ、深い深い絆で結ばれるというコト。
お嫁に行く時、奥さまが自分の父に言われたコト。
とにかく主人にはきちんとしたモノを着せて、きちんとしたモノを食べさせるように。

主人の良いようにしてもらう。

主人が良くなれば、自分も良くなるんやから。  

それを、ただただ実践した長い年月。その集大成である、穏やかな老後。

  
『家は暮らしの宝石箱でなくてはならない』

亡くなったご主人は、90歳となっても、建築家としてのアイデンティティを強く持ち続けていた。

ふと頼まれた仕事に対して、すぐに取り出せる状態のスケッチブックをサッと取り出し、現役の頃と何も変わらないほどに、手早く仕事を仕上げたと。

これを観て、『認知症』とは何なんだろう?と思ったコト。

私が学ぶ沖ヨガでは、『健康であって当たり前であり病気は不自然な状態だ』と学ぶ。
 

いや、もう、その通り、です。。。   

としか言いようがないと、心底思った。心底分かったような瞬間。

 
人間らしく生きるコトを探求し、自らの役割を持ち続けてゆく。  

ココロ穏やかに暮らし、よく動き、よく食べ、しっかり眠る。

今日が過ぎたこんな夜中なのにまだ起きて、こんな風に書きものをしている私こそが、なんて不自然なわけですが(・_・;

 

しかし、鳴り止まぬ感動が胸にいつまでも広がるから、やっぱり、記しておきたいな、と思いまして。

樹木希林さんのナレーションも、スゴイ。
この女性は、宇宙レベルでスゴイです。

何なんでしょうか。。。

女優魂なのか、それが役割と向き合ううちに得たモノなのか。
何だかよく分かりません。

本物って、説明出来んのです、きっと。。。

有限であるヒトには無限の可能性があるんだよと、自らのコトバなくして、在り方で教えてくださるようです。
人生フルーツ。
この素晴らしい映画が、たくさんの人々の目に触れ、胸に響き、人間らしく生きようと共に歩む仲間となってゆけたら。

私。

何かを。何か一つから始めよう。

プランターでミニトマトを育てるでもいい。

手仕事をひとつやる。何をと決めて、それを続けてゆこうと思います。

人間は長生きしたほうが幸せになるそうです。

この映画を観て、心底!長生きしたいなと思いました。

ありがとうございます。

◎ヨガはじめてみませんか?


日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』『バランスボールインストラクター』として活動しています!

各地へ出張レッスンに行かせていただいております。ぜひご連絡くださいませ。

1日10分からはじめる健康づくり。 そのためのアイディアやコツを、分かりやすくお伝えいたします!

沖ヨガインストラクター
バランスボールインストラクター
 中島まなみ(まなみん。)
 090-1983-4321
 MAIL


contact

応援クリック♪
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA