とても『違和感』を持ったコトについて書いてみる。

日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』として活動しているまなみんです(╹◡╹)

 

少し前のコト。

SNSに上がっていた投稿に、何だかよく分からないけど、とても違和感を感じたのです。

私はキライだと思えば、そのヒトに正直に『キライ』だと言いたいと思う。やっぱり好きだと思えば、その時に『やっぱり好き』と言えばいいんだから。

一言一句同じではないけど、こんなコトが書いてありました。

 

ヒトが何を思うのもどうするのも、基本『そのヒトが良ければいい』のだし、私がそれに対して、どうのこうの言うコトでもない。

ただ、ものすごくフォロワーを持っている彼女の発言に、『その通りだ〜』『自分が気持ちよくだよね』と、ものすごい数の『いいね』がついており。

それが、なんだか、よく分からないけれど、ビックリしたような、複雑な気持ちになったのです。

 

私もそう思うのですよ。

自分になるべく真っ直ぐでありたいし、明るい方へ、気持ちの良い方は行けばいい。

自分の気持ちを大切にするのが基本、だとも思う。

苦手なヒトと無理にお付き合いする必要もないし、イヤなら一歩離れたらそれで良い、と。

ヒトとヒトとの間にて、すごく必要で肝心なのは、『距離感』だと思っているから。

近付きたかったら、自分から詰めたらいい。相手に一歩引かれたら、そうなんだなあと察すればいい。

自分と相手の気持ちの両方で『間合い』が決まるのだから、私がどうするかは私の勝手。相手がどうするかは相手の勝手。

それで良い。

よく思うのは、イヤならあれこれ言わずに距離を取れば良くて、わざわざ近付いて行き、あれこれ指摘するコトもないってコト。

そして、それが仕事であるなら、基本は自分がどうしたいのか、それをどうこうする場ではないから、なるべくスマートに、やると決めたらやれば良い。

 

どうしてもイヤなら、合わないのなら、なるべく相手に迷惑をかけないようにとしながら、時期を見定めて辞めたら良いんだと思う。

ヒトとの相性は大切だけれど、仕事という場で様々なヒトたちが集まれば、大なり小なり、いろいろあるモノだから。それをいちいち考えていたら、前には進まない〜

体調を崩すほど働くコトはないし、一度決めたら何が何でもやらなきゃなんない、と言うコトもない。

しかし、出来るコトなら、辞めようと思うならなるべく早めに伝えたらいい。立場が大きいのなら、なおさら。

 

ある日会社へ行けなくなるほど、胃に穴が空くほどに、働くコトはないんじゃないかと思っている。

そうやって必死に働いていただいた我慢料を、病院に払うのも辛いし。

だから、『区切り』があるんだろう。

年度末みたいな。

それに向けて、自分の在り方を考えても良いし、新たなスタートを切ってもいいのだと思う。

 

私はそんな風に思っているけど、これが良いか悪いかはよく分からないし、そもそも、そうやって判断するコトでもないだろうと思う。

私にとってはこれが楽であり、しっくりくるから、そうしています。

 

今の私もひとつ、区切りをつけるコトにしたコトがある。肩の荷が下ろせるコトへの安心感と、新たなチャレンジにワクワクする気持ちでいて。

 

しかし、しかーし、です。

大の大人が、好きだと思ったから『好きだ』と言い、イヤだと思ったから『イヤだ』と言い、またやっぱり好きかもと思ったから、『やっぱり好きです』と言うなんて、、、

 

コトバって言うのは、断片的な訳です。

だから、私は流れを知らず、部分的なトコロだけを見たコトに対して、違和感を持ったのかもしれない。

しかしです、なんでこんなに違和感なんだろうと考えると、そこに少しでも『相手のコトを考える隙間はないのかな?』と思ったからなんだと。

 

ヒトのために生きている訳ではない。

基本、自分のためです。

誰も傷つけずに生きてなどいけない。

しかし、

好きと言われたらイヤな気はしないだろうけど、嫌いだと言われたら、それなりに傷ついたりもするやろう。にも関わらず、やっぱり好きでしたと言われても。

私なら、もうその方とは近い関係にはならないだろうと思う。

 

コトバって、チカラがある。

癒すコトも、そして傷つけるコトも。

 

関係性が近いヒトになら、言いにくいコトも言いたい。それは、それだけ大切だからこそ。さらに分かり合いたいと願うから。

しかし、ほとんどの人間関係が、『ほどほど』であり。

それって、さみしいコトではなく、広い意味で『気持ちよく暮らしてゆくため』だと思うのです。

 

イヤなのに笑う必要はないけど、ほどほどにしておいてば済むのなら、それでいんじゃないか、と。

 

これって、『事なかれ主義』かな?

臭いものにフタをしている感じ?

 

コトを荒立てないのが、この国の風潮だろうと思う。それが良いとは思っていない。

しかし、好きや嫌いの感情を、湧いて来たままに外に出してばかりいたとしたら、世の中は収集つかなくなるだろう。

だから、『大切なヒト』という存在がいる。必要なのです。

 

このヒトになら言ってもいい。

素直になれる。

大丈夫って思える。

 

恋人でも親友でも夫婦でも、いろんな関係性があるだろうけれど、そんなかけがえのない存在。

そんな存在がいたなら、いろんなコトに強くなれるし、柔軟性も持てるのだと思う。

 

感情を撒き散らすコトはなく、相手にも気持ち良いように、『お互いさま』にて暮らしてゆけるのは、ホントの自分で在れる場所があるから。

 

たとえばヨガを学ぶヒトならば、『マットの上』というのもそうだろう。比べるコトのない世界。穏やかなマインドが広がるじかん。

自分に自分が癒される。

自分の存在って、こんなに自信になり、豊かさの糧となるのだと、私はヨガに出会って知りました。

偉大なる大自然とつながっている、自分という存在。

なんて素晴らしいんだろう!と。

 

そして、ヒトへの信頼も同じく大切なのです。

 

ひとりを楽しむ。

ヒトとのじかんを楽しむ。

 

その両方があったなら、最高にハッピーではないか、と思う訳です。

 

命の教えに従い、歩んでいきたい。

時に、命を苦しめるコトがあるかもしれない。我慢だってするだろう。

しかし、それを自分が分かっていられたら、それでいい。

ここなら納得できると言う場所を探し、折り合いつけてゆけば。

今はこんな時なんだねーって。

 

繕いたかったら繕えばいいし、時に嘘をついても良いと思う。

そうしたければ、それで。

 

ヒトに迷惑をかけない生き方を探すのではなく、自分らしく生きながら、自分の居場所を探しながら、最愛のヒト、そしてかけがえのない仲間を得てゆける人生で在れたらいいな。

むやみやたらにヒトを傷つけたりしないほうが良いから、あまり感情的にばかりならないように。

そのためにはどうしたら良いかは、大切!

 

そして、いくら思考を使って理論的に考えても、収まらない気持ちがあるとも思うんですよ、人生って。

サイエンスとファン。

その両方が大事。

 

だからと言って、『こうすると良い』なんて具体策はないのですが。

ただ、自分に湧いた違和感をじっくり見つめるコトって、すごい大切。

今夜の私は、そんな感じでした。

 

自分も大切に、ヒトも大切に。

ヒトはヒトによって生かされているのだから。

自分の存在を教えてくれるのは、ヒトだから。

 

バランス良く在れる場所を探しながら、探求し、歩む毎日。

それが人生。

 

何気ない日々は宝。

宝です。

それは、よくよく分かっているコト。

 

 

おまけ。今日のヒトコマ〜

『リバーシ』をトコトコと。

ピンク、青、ピンク、青。

脳の活性化、全身のバランス、コーディネーショントレーニング^ ^

カラダ動かすって、楽しいな!

あれこれ考えず、スッキリします^ ^

 

 

ありがとうございます。

 

◎ヨガはじめてみませんか?


日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』『バランスボールインストラクター』として活動しています!

各地へ出張レッスンに行かせていただいております。ぜひご連絡くださいませ。

1日10分からはじめる健康づくり。 そのためのアイディアやコツを、分かりやすくお伝えいたします!

沖ヨガインストラクター
バランスボールインストラクター
 中島まなみ(まなみん。)
 090-1983-4321
 MAIL


contact

応援クリック♪
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA