娘の『授業参観』へ。

私の母校であり、私の父の母校であり、娘が通う学校である、小学校。

帰省のタイミングがたまたま合って、授業参観、PTA総会、学級懇談会へ参加するコトが出来た。

二宮尊徳像。

今でこそ、その生き方・在り方を学びたいと思うが、小学生の頃には、『何かを背負った古い像』としか思っていなかった(・_・;

小学6年生で初めて行った京都奈良の神社仏閣の風情も分からず、これと言った記憶がないのが正直なトコロf^_^;

今日の娘のクラスの授業は、『道徳』。今は、そんなクラスがあるんやなあ、と。

テーマは、『がんばるためにはどうしたら良いのか?』でした。

班に分かれてディスカッション。

・約束する。

・カンタンなコトからやってみる。

・曜日を決める。

・やると決めたらやる。

・友だちとやる。

・イヤでもやる。

などなど。

大人の私は、いろんな経験をして、要領良くなって、ズル賢くもなり、逃げ道探すのが得意。なんだか、聴いてて耳が痛い感じ(笑)

娘が、ちらちらと私を観てくる。ホントに嬉しそうな顔をして。

親が授業参観に来るとは、こんな幸せなモノやったか。申し訳ないけれど、私にはまったく、嬉しかった記憶がない。。。(笑)

そして、しみじみ思った。日々、どれだけさみしい想いをかけているか、と。

私に嬉しかった記憶がないのは、いつもいつも母が家に居たから、なのかもしれない。当たり前に居たから、ありがたみが分からなかったのかも、と。

子どもたちが歌を歌ったり、大声で返事をするだけで、なんだか泣けてくる私。

なんて涙腺がゆるいんだ(笑)

泣きたい時には泣けばいいのだと、涙を拭きながら、眺めていた。

その後、PTA総会へ。

昨年度までのPTA会長さんが、小学校中学校の同級生やった。まったく変わってなくて、すぐ分かった!

そして、今年度からのPTA会長さんも、同じく同級生やった!

さすが地元〜(笑)

声をかけてみようかと思ったけれど、忙しそうやったからやめた。
他にも、同級生を何人も見かけた。

みんな、ここで育ち、結婚し、親となり、自分の母校に子どもが通っているんやなあ、と。

昨年度までのPTA会長さんからのご挨拶。

『PTAの任期2年間、やってみたらいろいろ楽しかった。これはもっとこうしたほうがいんじゃないか、と言うのがいろいろ言えるのも、とても良かった。このほうが子どもたちは喜ぶんじゃないか?とか、考えられるのはいい。』

と話されていた。

確かに、外野であれこれ言うなら自分でやったほうがいいし、そこにやり甲斐も生まれる。

時に、モメるコトもあるやろけど、それもまた、子どもが真ん中にいるコトで、折り合いをつけるチカラが湧くのやろうし。

私は、ほぼ愛知に居ないので、ほぼ何にも関われない。
ホントにホントに、申し訳ないと思う。

ぜひ地域活動には積極的に関わりたいと思うから、今暮らしている北海道で、させていただけるコトを見つけたいと思う。

『この小学校は、昔からPTA活動が盛んで』というハナシを聴いて、そうやって私自身も子ども時代、地域の大人たちにどれだけ見守られて育ったんやなあ。と、改めて思った。

部活でも地域活動でも、どれだけの大人のサポートがあって成り立っているのか。
それを子ども時代に気付くのは難しいやろうし、そんな必要もないかな、と。

分かる時に分かれば。

私の今みたいに。

やっぱり、もらったモノはお返ししたいと思うモノだ。

私は、娘にどうなって欲しいと望まない。ただ、幸せを祈っている。

有名な大学に入って欲しいとか思わないけれど、本人がそうしたいなら、がんばってみたらいい。ぜひ、健康で幸せでいて欲しい。

 娘にとっての幸せがどんななのかは、私には分からない。彼女自身が、自分自身で見つけてゆくコトで。

やりたいようにやってくれたらいいけれど、そもそも『何がやりたい?』が見つかったらいいな、と思う。
それを祈りつつ、助けを求められたら、大きなサポート出来るような存在で居たいと思う。  

私の両親は、何をするにも口出しばかり〜

決めつけるばかりで、なかなか尊重してはくれなかった。

それがホントにイヤやった!(笑)

そのおかげさまで、『自分がどうしたいか?』が分からなくなりました。考えたり感じたりする猶予がなかったなあ、と。

未だに、あれはダメこれはダメと、私にも娘にも、毎日のように言っている(笑)

もう今は、それを笑うしかないと思っている、ヒトは変わらないから。

結局、大事に想ってくれているから、もういい。
両親ほど、私を底なしに愛してくれているヒトは居ない。それで充分や〜と思う。

距離が近くなると、イヤな気持ちの方が増えてしまうけれど、今は大丈夫。イヤな時には、『私はイヤなんです』とハッキリ言えるから。

そして、いつも愛を感じている。

他を制するコトは無理、結局疲れるだけ。変われるチカラがあるのは、自分だけだ。

自分が自分の心地よいように居たい。娘にも、両親にも、そうあってほしい。

その中で、どれだけに助けて支えていただいているかと、感謝を忘れずにいたい。

学校からの帰り道。  
娘は先に下校したので、ひとりでのんびり。
道端の草花に、ゲンキをもらって。

明るいほうへ。

明るいほうへ。

ありがとうございます。

ヨガはじめてみませんか?


 ◎北海道の北「道北」で活動していま す。
 ヨガクラスや講演会など、出張いたします!
 ぜひご依頼くださいませ。

 ◎日本最北端の温泉郷「豊富温泉」ヨガクラス。
 毎週月曜・金曜日午後2時~3時半

 ※町営入浴施設「ふれあいセンター」にて開催です。

 ヨガ、はじめてみませんか?
 皆さまのご参加をお待ちしております♪


 沖ヨガインストラクター 
 中島まなみ(まなみん。)
 090-1983-4321
 MAIL


contact

応援クリック♪
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です