たくさんの愛を残してくれたから。

最愛のヒトを失った悲しみ苦しみ、その喪失感。
想像を絶する。。。

例えば、もし自分の最愛の娘を失ったらなどと、そもそも、想像も出来ない。
もう、生きて行けないやろうとは思う。

すべての色を失い、感情が凍りつき、固まってしまって、一歩も前に進めない、動けなくなるのではないか、とは思う。

じゃあ自分も、後を追って死ぬのか?

そんなコトは許されないとは思う。思っているが、生きながらにココロが壊れて、ただ肉体が寿命を迎えるまで、虚しく維持されるだけになるのではないか。

と。

今日、2年前に42歳のご主人を癌で亡くした、と言う方とお会いした。

ハナシを聴いていたら、涙が溢れた。

お店にいたのだが、込み上げてきて仕方なく、ワンワンと声をあげて泣きたくなった。

そして、口から出てきたのは、

生きていてくれてありがとう。

今日、巡り会えてホントにありがとう。

話してくれて、ありがとう。

と。

私は思う。

最愛のヒトを失って、よく、よく生きていてくれるって。

そうすると、彼女は言った。

『彼が、たくさんの愛を残してくれたから』

そう言った彼女の表情は、誇らしげにも見えた。
どれだけ、どれだけステキなご主人やったんやろうか、と。

肉体を失っても、たくさんの愛を残してゆけるんや。

残された私たちは、先に逝ってしまったヒトの愛を糧として、生きてゆける。

4人の子どもたちの成長を、どれだけ観たかったやろうか。
どれだけに悔しかったやろう。

自分の命が惜しいんじゃない、子どもが独り立ちするまではなんとしても。

と、たくさんの親が、そう強く思っているのではないか。

肉体に距離はあれと、ココロにはない。
常々そう思っているけれど、やっぱり、愛しい、恋しい。

大切なヒトに触れたい。

『あったかいね』って、目を合わせて伝えたい。

『大丈夫よ』と、目を見てそう言ってもらえるだけで、すべてが大丈夫なんや!と、そう強く思えるチカラが愛にはある。

今を刻んでゆこう。

結局今に生かされる私たちには、それしか出来ないから。

いつか私も、その時が来る。

思えば、そんな特別なコトでもない。

ヒトは、誕生という大きなチカラによって生かされ、誰でも平等に、亡くなるという大きなチカラによって、人生の幕が下がる。 

志半ばで。と、きっと、どこまでいっても多かれ少なかれ、悔いは残るモノだ。

だから、やっぱり、祈る。

世界が平和でありますように。
私たちひとりひとりの胸の内から、たくさんの愛がこぼれ落ち、それが、広く広く、この世界を包み込みますように。

日々、出来るコトしか出来ない。

そこにベストを尽くすコトしかない。

今日は、最愛のヒトを失うという底なしの悲しみ苦しみ辛さに触れた。

私の感情は日々、様々に揺れ動き、かき乱される。

それでいい。生きとるからこそ、なんやから。

涙は、ココロを洗う水だ。ココロもたまには、洗濯したほうがいい。

その後、飛行機に乗った。

故郷の愛知へ、最愛の娘に会いにゆく。

ANAに乗る何よりの楽しみはこれ。これのために、毎月乗りたいくらい。

翼の王国。

きっともう、私が子どもの頃からあるような気がする。

そこに連載されている、吉田修一さんのコラム。

毎回の連載が、そのうちに文庫として出されるのやけれど、せっかくなら、翼の王国やから、空で読めたらいい。

私は書くのが好きで、読み物も好き。

吉田修一さんの書かれる文章は、色や景色が鮮やかに浮かぶ。

まるで、動画を観ているかのように。

また今回のコラムも素晴らしく、今でこそ売れっ子作家やけれど、下積み時代の思い出と共に、亡くした友人との思い出が綴ってあった。

吉田さんの作品は、文章が踊っているようにも見えるし、悲しみ苦しみをも豊かに表現されている。

ああ、なんて素晴らしい。
それでまたスイッチが入り、感情が溢れてこみ上げてきた。

泣きたい時は、泣いたらええんやよ。『なんで泣くのか?』と聴かれたら、『泣きたいからだ!』と言えばいいよ。

いつもそうやって、娘に言う。

私だってそうだ!
泣きたい時は泣いたらいい!

ワンワン泣いたら、スッキリした。

やっぱりそう、涙はココロを洗う水。

そして日々、いろんなヒトが私に教えてくれる。

命の尊さを。

生きるコトの素晴らしさを。

人生って、なんて、なんて素晴らしいんやろう!!

私に溢れる感情は、たとえ肉体を失ったとしても、消えない、なくならない。

最愛の娘をいつまでも、愛して愛してやまないやろう。

私に底なしの幸せを与えてくれるヒトたちの顔が、たくさん浮かぶ。

なんて、なんて幸せな毎日やろう、と。

愛知の家族が私の真ん中に居てくれて、私は日々、前を見て歩いて行ける。

日々、最愛の娘を、絶対的な安心感で見守ってくれている主人に、ココロから感謝です。

娘が、ハムスターを飼い始めたそうだ。

私はアレルギーもあり、動物と共に暮らすのは不安やと言ったら、

娘がハムスターを飼いたいというと、まわりのみんなが、『世話できないからダメだ』と言う。まだやってもないのに、決めつけたらダメだ。自分ひとりくらい、信じなかったらかわいそうでしょ。

と言った。

コトバの少ないヒトやけど、愛の深いヒト。私とは、正反対。

娘は、パパがダイスキ。

恋人のようなふたりをぼんやり観ているのが、何より幸せやなあと思う。

いつまでもそんな幸せが続きますように、と、やっぱり、祈っている。

ありがとうございます。

◎ヨガはじめてみませんか?


日本のてっぺん・きた北海道を拠点に『沖ヨガインストラクター』『バランスボールインストラクター』として活動しています!

各地へ出張レッスンに行かせていただいております。ぜひご連絡くださいませ。

1日10分からはじめる健康づくり。 そのためのアイディアやコツを、分かりやすくお伝えいたします!

沖ヨガインストラクター
バランスボールインストラクター
 中島まなみ(まなみん。)
 090-1983-4321
 MAIL


contact

応援クリック♪
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です