アトピー性皮膚炎ってホントに辛いんです。その3

今日、ふらっと読んだブログ記事に書いてあったコトバが、とてもココロに残った。
それは、↓

『悩んでいる間は下向きに成長し、根を張っている時期なんです』

うん、そうやなあ。  

ホントにそう。 

確かにその通りや。

ヒトは、傷ついた分だけ強くなれる。

傷を負って、その傷が癒えぬうちにまた次の傷を負ったりして、それはもう、泣きそうで。

そしてそのうちに、泣く気力もなくなる。

気力を振り絞って立ち上がるたびに、腰を砕かれ、倒れ込む。

これを何度も繰り返すと、もう、立ち上がるゲンキがなくなるのだ。

強制終了。

電池切れ。

よく乗り越えて来たなと、後から考えると改めて思ったりする。
それって、下向きに成長していたんやなあ、と。

そして根を張っていたから、今こんなに安定感を感じるんやなあ、と。
深い深いコトバやと思った。

苦しんだ分だけ、一筋のヒカリが射した時の喜びや感謝、その感動がよく分かるから。

ヒトの辛さに寄り添うにしても、身を削られるように苦しんだ経験があるコトで、どんと受け止められたりするから。

ブログを書いたヒトは、アトピー改善アドバイザー『くわっち』コト、桑野やすしくん。

私は、彼が苦しみをひと山もふた山も超えて、アトピーも寛解してから出会った。

くわっちは、さっぱりとしたヒト。あれこれは言わないが、的確なヒトだ。最近お父さんになり、『かわいいわ〜』と親バカさを発揮していたり(笑)

だから、彼の過去話、下り坂を転げ落ちるだけ落ちて『底を観た』という経験を綴ったブログを読んで、アトピーってホントに壮絶やと、つくづく思った。

今の彼からは想像出来ないけれど、相当にもがき苦しんだんやろうなあ、と。

『アトピーは人生ごと持っていかれるから』と、前にくわっちが言っていた。
ホントに持っていかれたから、そう言ってたんやと、改めて。

 
◎くわっちのブログ→★★★

 
くわっちとは去年、私の故郷である愛知にてコラボワークショップをさせていただいたりもした。


愛知県長久手市にあるヨガスタジオ『フィレックス』にて。
◎その様子はこちら→★★★

愛知にいる私の娘は、くわっちにすっかりなついて、遊び相手になってもらったりもした。

私のどん底は、17歳〜20歳頃やったなあと思う。

高校2年生の頃、アトピーが辛過ぎて、学校へ通えなくなった。

それはもう、右も左も分からない状態。

親の言うなり、言われるがまんまにあちこちへ連れて行かれ、何かを言われるたびに、振り回される。

もう、何が良いんだか何が良くないんだか、それを冷静に考えるゆとりもない。
路頭に迷っていた。

ホントに、訳が分からなかった。

そんな中、20歳の頃にヨガに出会った。
そこで、『答えは自分の内側にしかない、だから自分で確かめろ』と言われた。

その衝撃ったら、なかった!!

『自分で確かめるってなんですか???』

『自分の人生って、自分で探していんですか??』

『ホントに探せるんですか??』

それはもう、衝撃的で。

散々に、『治らないですから』と言われ続けてきたのだ。
その反面、『必ず治るから通い続けるように』ともたくさん言われたのだ。

いろんな民間治療法を試した。
 
言われるがままに鵜呑みにして通い続けたが、金銭的に限界が来ると、母から『もう通わなくてもいい』と言われた。

私に与えられた選択肢は、なかったように思う。

それが、自分で選んだり探したり出来るのか!?と。

両親を散々恨んだりもした。

『なんで私を産んだのか』

『なんで勝手に決めたのか』

『なんで私は生きていかなきゃいけないのか』

こんなに辛いのに、『幸せになって欲しい』とか言って来る。

何言ってんだ!!
なれるものならなりたい。

これだけ辛いのに、幸せになどなれないのに、観てりゃ分かるやろうに、一体なんなんだ!

それはもう、ドロ沼状態。

今でこそ、両親だってやり場がなかったのだと分かった。

未だ変わらず、両親の理解はあまりない(笑)

自分たちの価値観を押し付けられるばかりやけど、『まあ、このふたりはこんなヒトなんやわ』と、ぼんやり受け止めつつ、イヤなコトは『イヤ』と言い、無理なコトは『無理』と言っている。

合うか合わないかと言われたら、まるで合わない!が、両親がいてこそ私がいる。

これを飛び越すコトは出来ないし、両親が両親やったからこそ、私が私になったのやし。
その当然なる事実を受け止め、やりくりできるようにもなった。

そんないろいろを振り返ってみると、アトピーに翻弄され、人生は大きく変わったんやろうと思う。

『もしアトピーでなかったら?』

『ごくごく普通に高校に通い、卒業し、就職でもしていたのか?』

『親とは合わないから、早くに家を出ていたかも?』と思ったり。

しかし何より、生涯のライフワークである『ヨガ』とも、出会えてなかったかもしれない。。。。

いや、日本にヨガブームが来た時、その波に何となく乗って、何となく学び始めて、インストラクターになっていたかもしれない。 

がしかし、悲しみ苦しみの末、弱さがあるからこそ見つけた強さはなかったやろうし、そもそも、そんなコトも分からなかったかも知れない。。。。 

そうすると、今のように腹を決めて生きてはいなかったんじゃないか。。。。

もう、さっぱり分かんない。

今の自分でない自分なんて、想像するの難し過ぎる。

ただ、今、過去を振り返ってみて間違えなく思うのは、やっぱり、『アトピーに育てられたなあ』というコト。

苦しんでいる最中には、そんなコトを思えなかったし、苦しい最中に無理無理感謝を見つけたり作ったりする必要はない。

喜び感謝は、自分の内側から湧き上がって来るモノで、探して見つけるモノじゃないんやろうと思う。

苦しみ抜いた後に見つけた境地は、それはそれは、素晴らしいモノやった。

たくさん背負った傷が、私の強さに、バイタリティに、生きる意欲になっている。

そう確信するのだ。

くわっちのブログのハナシに戻り、どん底に落ち、底を打ったその時に、自分の内に溜めきれなくなった想いが溢れ出し、涙がとまらなくなった、というコト。

それを読み、今でこそワクワクを原動力に、直感とひらめきで楽しく生きているが、私も昔は、『無感情』やったなあと言うコトを思い出した。

味わうゆとりもなかったし、苦しくて抱えきれんのやから、ひた隠しにするか、見て見ぬフリをするしかない。
ココロが頑なやったんやろう、素直に泣くなど、出来なかった。

でもそれって、辛くても苦しくても、痛くても、結局は、味わって消化するしかない。
生まれた感情は、味わって消化するしかないのだ。

食べたモノと同じ。
たくさん食べて、胃にたくさん入っているのに、『食べなかったコトにする』など出来ない。

しかし、味わうなんて出来ないのだ。辛い時って。

とにかく、笑ってごまかす。

『私は幸せなのだぞ!』と、ありもしない呪文をかけて。

今もよく、『人生は笑ってごまかしてなんぼや〜』と言っているけれど、その頃の笑ってごまかすとは、天と地ほど違うのだ。
そもそも、心底笑うコト自体が出来なかったんやから。

今でも、鮮明に覚えている感覚がある。

何事においても、アトピーのせいにしてきた。『アトピーさえなれば、私はなんでも出来るのに』と。いつも言っていたし、そう思っていた。

なのに、アトピーが楽になっても、たいして変わらなかったのだ!!

『アトピーさえよくなれば、寝る時間なんてなくていいから動き回りたい!』とよくよく言っていたけれど、良くなってからもけっこうゴロゴロしていたし、また違う理由をつけて、やらなかったりした!

『肌さえキレイなら、あっち行きたいこっち行きたいのに』と言っていたが、肌がキレイになっても、たいして活動範囲は変わらなかった!

その時に、あきらかに自分で気付いたのだ。

『問題はここだけではなかった・・・』と。

苦手なモノは、アトピーに関係なく苦手なまんまやったし、これさえなければなんでもいい!と思っていたが、なんでもよくはなかった。

もちろん、アトピーであるが故の不具合はあるのだが。

人生持っていかれるほどの苦しみであるコトは間違えないが、それが改善したら全て良くなるか?と言えば、そうでもないんだなあ。と、イヤと言うほど実感した。というコト。。。。

何かにつけて言い訳にしていたコトが、自分自身でよくよく分かったのだ。

アトピー性皮膚炎は、ホントに辛いです。でも、なんでもかんでもが、そこではない。

そこから見つけられる幸せがあるし、人生に起こる全ての問題がアトピーではない。

そして、『乗り越えられん!』と思うほどの苦しみを抜けた末に見えた景色は、それはもう、めちゃめちゃ、語り尽くせぬほど味わい深いモノやったなあ、というコト。

とっておきの何か。というモノではなくて、毎日にある何気ないコトに、いちいち感動したり、胸が踊ったり。

『あー、私ってこんなに素晴らしい景色に囲まれて暮らしていたんやなあ』と、改めて気付いたり。

いっぱいいっぱいで、ゆとりがないもんやから、ほとんどまわりが見えてなかった。   

他に意識を向けるゆとりなんて、少しもなかったのだ。バリアをたくさん張って、幸せそうにするだけで精一杯。

自分をたくさん観て、感じて、味わってみたら、少しずつ少しずつ、まわりの景色もよく見えるようにもなった。

そして、今。

私は、日本最北端の温泉郷『豊富温泉』で働かせていただている。

家族と離れてここへ移住して、丸3年。

ここは、『アトピーの聖地』などと言われるくらい、たくさんの方が湯治療養に訪れている。

いらっしゃる皆さんそれぞれ、苦しみの真っ只中やったり、辛さをたくさん抱え込んでいたりする。
その痛みが、よくよく分かる。

ヨガクラスに参加してくださり、涙を流す方もたくさんいらっしゃる。
少しでも、抱える荷物が少なくなったらいいな。

役に立つモノがあれば、なんでも持ってって、活用してほしいな、と思う。

アナタの人生最大の役割は、アナタ自身を心底労わり、幸せにしてあげるコトです。

そのアナタの幸せが、また次の誰かに届いてゆくから。

そんな、循環する仕組み。 

真っ暗闇は長くて辛いんやけど、いつヒカリが射すのかは誰にも分からないんやけども、少しでも少しでも、明るい方へ、気持ちの良いほうへと進めますように。 

『命の声に耳を傾けるコト』

ヨガを通して、人生最大私に与えていただいた大きな教え、ギフトを、私は日々、次のヒトへとお届けしている。

『信じるな疑うな確かめよ』

何事も、まずは命の声に耳を傾けてみて。 
自分自身に教えてもらって。と。  

  

辛い時は、『下に下に伸びている』時期。
深く深く根を張って、安定感が増し、さらに空高く高くと、伸びて行けますように。

『仲間』という存在は貴重だ。

豊富温泉の泉質は素晴らしい。が、この地で出会える『痛みを分かち合える仲間』こそが、頑なにこわばったココロを溶かし、心底の笑顔に出会えるきっかけとなるのかもしれない。

豊富温泉は、皮膚疾患にとって、なくてはならない場所なのではないやろうか。と思う。

根本的な解決にはならないけれど、右にも左にも行けなくなった時、ひとまずその場を乗り切りたい時の、『雨宿り』のような場所なのやと私は思っている。

いつまでも大雨に濡れてずぶ濡れでは、風邪もひくし、気持ちも萎える。

皮膚疾患で苦しむ方々。ぜひ、一歩前に進みたい時、訪れてみて欲しいなと思う。

ありがとうございます。

ヨガはじめてみませんか?


 ◎北海道の北「道北」で活動していま す。
 ヨガクラスや講演会など、出張いたします!
 ぜひご依頼くださいませ。

 ◎日本最北端の温泉郷「豊富温泉」ヨガクラス。
 毎週月曜・金曜日午後2時~3時半

 ※町営入浴施設「ふれあいセンター」にて開催です。

 ヨガ、はじめてみませんか?
 皆さまのご参加をお待ちしております♪


 沖ヨガインストラクター 
 中島まなみ(まなみん。)
 090-1983-4321
 MAIL


contact

応援クリック♪
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です